見逃しがちな脆弱性骨盤骨折について

カテゴリ:

はじめに


仙骨の脆弱性骨折について再考です。

この過去記事は2015年のもので、もうあの当時の雑感から3年を経過していると思うと感慨深いですね。
3年経って、この記事を書いたときと今とで施設が異なりますが、仙骨骨折が見逃される現状は何も変わっていないです、、、




BKPセメント漏出を防ぐには

カテゴリ:

はじめに


場末の救急病院で勤務していると、救急搬送される骨粗鬆症性椎体骨折の多さに驚きます。

想定外に多くの骨粗鬆症性椎体骨折に携わっており、日々のブログの更新も骨粗鬆症関連や外傷関連が多いですね(汗)

BKPを早期に導入したほうがよいと思われるケースがある


個人的には骨伝導能のない異物を椎体に入れることは好ましくないと思っており、決してBKP推進派というわけではないのですが、、、
早期に離床できなければ寝たきりの末路を辿ってしまうことが心配される高齢者症例にしばしば遭遇すると少なからず、考えが変わってきます。

家族の熱心な支えが得られるのであれば、積極的にBKPを行っているほうだと思います。

これは星野先生が非常にわかりやすくまとめてくださっています。



カテゴリ:

はじめに


骨粗鬆症加療薬はどんどん進化しています。

・デノスマブ;プラリア(第一三共)、6か月に1回
・ゾネドロン酸;リクラスト(旭化成ファーマ)、12か月に1回

このような長期に効果が持続する薬剤を処方することで、心配な点があります。
それは、薬剤関連顎骨壊死についてです。




カテゴリ:

はじめに


週末なので脊椎診療から離れて雑感です。

これまで、携帯のキャリアとしてauを8年くらい使用していたのですが、、、

2017年にようやくSIMフリーの格安スマホに変更。

通信費という固定費が圧倒的に減りました。
今までの出費がいったいなんだったんだ、、、

かくして、携帯用のEメールアドレスが変更になりました。

楽天経済圏に浸かり携帯キャリアも変更。じぶん銀行のメリットを感じなくなる


これまでauじぶん銀行に自分のお小遣いを定額入金してやりくりしていました。
しかし、楽天経済圏にどっぷり浸かるようになって、、、




じぶん銀行を利用するメリットがなくなってきたので、設定を変更しようとしたんですが、、、、

手術部位感染症の予防について

カテゴリ:

はじめに


わたしは医療従事者用の情報サイトをよく見ます。
有用な情報が多く、大助かりです。

そんな情報サイトの一つ、アステラス製薬、Astellas medical netにとても気になる記事が掲載されていました。

WHOの手術部位感染予防ガイドラインについてです。

頚椎椎弓根スクリューの精度を高めるSプローブ!!

カテゴリ:

はじめに


前回の頚椎椎弓根スクリューの記事の続きです。




ほんと、余計なストレスでしたわ、、、
ただ、次からはロバート・リードのSショットを用いると思いますけど!!


Sショットについてもう少し説明を加えたいと思います。

今回紹介するのはSショットシステムの道具のひとつ、
Sプローブ
です。

ロバート・リード商会の担当の方が紹介してくれました。

頚椎椎弓根スクリュー刺入にキャリパーは必須のアイテム

カテゴリ:

はじめに


ここ最近、頚椎後方固定を2例続けて行う機会がありました。

固定にはなるべく椎弓根スクリューを用いるようにしています。
CPSは自分なりの無理のない範囲での基準をつくって望むことが大切です。

2例とも無事に椎弓根スクリューで固定することができました。

CPS刺入は、
術前の計画と、
・その計画とおりに遂行するための術中の測定
がとても大事です。
001


こんなのが欲しかった!ロッド設置のためのブレード。アルファテック。

カテゴリ:
PPS刺入のとき、あるいはロッドを挿入しているときに、
筋膜を巻き込んでしまう
ことがあります。

皮膚にえくぼができるんですぐにわかります。

タブ式の隆盛で、皮膚切開がどんどん小さくなっていることに原因があるのではないかと思っています。




VertaPlexって?!

カテゴリ:

はじめに


多発性骨髄腫の治療について調べていたら、
VertaPlex
というものを見つけました。

まったく知らなかったので、備忘録に、、、

これは、経皮的椎体形成術用のキットです。

なんと、ストライカーが扱っていました(!!)

トライタニウムユーザーなのに、まったく知らなかったですね。。。

そこでストライカーの担当の方に伺いましたところ、
インプラント担当では扱っていないようで、詳細はあまりよく知らないようでした。

仙骨翼の疲労骨折を見逃すな!!

カテゴリ:

はじめに


若年者の腰痛診療において、注意しておかないといけないものに、疲労骨折があります。
代表格として「腰椎分離症」があります。
002


もうひとつ念頭においておかなければならないものがあります。

それはタイトルのように、仙骨の疲労骨折です。
003


このページのトップヘ

見出し画像
×