昔も今も、腰椎椎間板ヘルニア切除術での血管損傷の発生率は変わらない!?

カテゴリ:
先日の投稿で、PLIFケージが腹側に落ち込む可能性を言及しました。



Curattageを頑張りすぎて、前方あるいは前側方の線維輪を損傷してしまうことが要因のひとつに挙げられます。
ただ、この操作はPLIFにかかわらず、通常の腰椎椎間板切除においても起こり得るはずです。

腰椎椎間板切除術ではケージを扱う手術ではないので、ケージ関連の合併症は起こり得ませんが、椎間板切除では、線維輪損傷を起こすような操作ではどんなことが起こるのでしょうか。

報告されるのは、大血管損傷です。

PLIFケージの前方逸脱について

カテゴリ:

はじめに


腰椎後方椎体間固定術(PLIF; posterior lumbar interbody fusion)は有用な手術のひとつです。

腰椎の変性疾患は高齢化社会において、増加の一途です。

治療成績の安定化をめざし、多くのメーカーが椎体間ケージの改良を行っております。

今回はPLIFケージの前方逸脱についての報告をまとめました。

トライタニウムのケージ間癒合

カテゴリ:
前回の誤記の件でのお詫び、というわけではありませんが、、、


トライタニウムについて報告です。

トライタニウムが昨年夏に使用されるようになり、半年が経ちました。

このケージの威力に素直に驚いています。

重大な手術事故を防げ!!ハインリッヒの法則を知っていますか?

先日、武蔵野赤十字病院の山崎隆志先生のご講演を賜りました。

わたしの(しょうもない)演題についてもアドバイスくださり、とてもありがたかったです。

非常に多くの実践的なことを勉強させていただいたのですが、後輩の手術指導にあたり、とても大切な心構えも教えていただきました。

まさに目からウロコ。

ハインリッヒの法則というものです。

別に「1:29:300の法則」ともいわれるそうです。

お詫び:トライタニウム®、サイズを誤って認識しておりました。

カテゴリ:
なんと、機器メーカーさんの中にもこのブログをご覧頂いている方がおられるみたいです。

どうもありがとうございます。
ありがたいことです。

ただ、普遍的にすべての機器を使用しているわけではないし、わたしの手技上の偏りというか好み、癖というものがあるので、あくまで私見ばかりです。。。
ご容赦ください。

ということで、ストライカーのメーカーさんに記事の誤りについて指摘を受けました。

「トライタニウム、11mmもありますよ!!」

問題の記事はこちら、、、(訂正しました)

今年の家族旅行はANA特典航空券&楽天ポイントを使います。

カテゴリ:
BlogPaint


週末なので脊椎診療を離れて雑感です。

この画面は普段、なかなか見ないものと思います。
ANAの特典航空券をマイル保持者ではない方に発行するときに必要な登録画面です。

ただいま、家族を登録しています。

そう、今年はマイルを使って家族旅行に行くのです。

単位を獲得できる研修会開催の申請には?

カテゴリ:
BlogPaint

はじめに


まだまだ若手と思って仕事しているのですが、ちょっとした地方の研究会の座長をするような年齢になってきたみたいです。

せっかく研究会に参加してもらうならば、何かキャリア形成のためのポイントがついたら一層、嬉しいんではないか、と思いました。

例えば、医師会や日整会の単位だったり。。。

PLIFケージ、ストライカーだけでなく、メダクタも使っているんです。

カテゴリ:
再び、メダクタの回し者ではありませんが(笑)、せっかくですので、Mecta-C紹介ついでに、
メダクタのPLIFケージも紹介いたします。



結論から言うと、好きなんです。
繰り返しますが、COIはありません(笑)

頚椎前方固定のケージ、メダクタも良いですね

カテゴリ:
001


単純な一椎間の前方固定手術では、可能ならば
ゼロプロファイルケージ
を使用したいところです。

一番良い適応は、
「骨質が悪くない、一椎体の椎間板ヘルニアによる頚髄症、そして高位がC4/5あるいはC5/6」
と思っています。




最近の頸椎前方用ケージとしては、メダクタのケージ、Mecta-Cも好んでおります。

メダクタの回し者ではありませんが(笑)、メダクタのケージを紹介いたします。

腰痛のレッドフラッグ、レントゲンのみの評価は危険。

カテゴリ:
腰痛診療をしていると、本当に筋筋膜性の腰痛が多いと思います。
実際にトリガーポイントブロックを行うと喜んでくれる方が多いです。


このページのトップヘ

見出し画像
×