このドレーンバッグ、髄液ですよ!

カテゴリ:

はじめに


胸椎の黄色靭帯骨化症の手術を行いました。

硬膜の一部と骨化靭帯が完全に一体化していて境界がありません。
くも膜を残しながら剥離したのですが、残念!
最後にOYLが一番くっついているところで切除したら、
くも膜が破損して、髄液が漏出しました。

残った硬膜と軟部組織をアドソンセッシで把持してVCSアナストクリップを用いて縫合すると
髄液の漏出がおさまりました。
さらにネオベール®とボルヒール®を用いて硬膜形成を行いました。

カテゴリ:

はじめに


俳優でタレントの西田敏行さんがベッドから転落し、頚椎の亜脱臼を受傷されたそうです。

四肢に軽い麻痺があるにもかかわらず、テレビ収録されたとのこと。

仕事に対する情熱の強さを感じるとともに、
よい子のみんなは真似しないでくださいね、とも思います。

頚椎の亜脱臼ってなに?

西田敏行さんの回復を祈り、頚椎の亜脱臼についてまとめたいと思います。

MEP(運動誘発電位)モニタリング、ようやく第一歩を踏み出しました。

カテゴリ:
新施設でいよいよMEPを導入することができました。
ようやくです。2ヶ月かかりました。
せっかくなので記事にしたいと思います。

はじめに


MEPはmotor evoked potentialの頭文字で、
運動誘発電位と訳されます。

術後に麻痺が生じる可能性がある手術に用います。
術後の運動障害を予防するために
術中から、異常をきたしていないかどうか早期にチェックすることができます。

BKP(経皮的バルーン椎体後弯矯正術)の術前画像での計画図について

カテゴリ:
BKP(経皮的バルーン椎体後弯矯正術)の術前の設計図についてまとめました。

はじめに


新しい施設でBKPを指導することにしました。
管理人は、マニュアル作成については
“考えないアタマをつくる原因”
と思ってあまり賛成はしていません。

ただ、まったく知識ゼロでのぞんでくる学生レベル以下の研修医もいるんですよね。。。

どう治療しますか?
この画像に自分なりの作戦を記載してみてください。

黄色靭帯骨化症手術での髄液漏は防げるのか?マイクロ用丸型メスの有用性

カテゴリ:

はじめに


本日の手術は黄色靭帯骨化症手術でした。

決して得意ではありません。
いえ、むしろ不得意で、できるならやりたくないです(笑)

なぜか。
なにが嫌なのか。

それは骨化靭帯が完全に硬膜と一体化してしまっていることがあるからです。

ただ、黄色靭帯骨化症もいろいろで、
大きさのわりに硬膜からつるりと取れてしまい、
事無きを得て手術があっさり終わることもあります。

しかし、できればやりたくない、そういう黄色靭帯骨化症もいます。

本日の手術がまさにそのタイプでした。


足のしびれ、足根管症候群について、鑑別に挙がっているでしょうか?

カテゴリ:

はじめに


足のしびれによる歩行障害を主訴に来院される方は少なくありません。

原因として

・腰部脊柱管狭窄症や椎間孔狭窄、腰椎椎間板ヘルニアなど
脊椎由来のもの
・閉塞性動脈硬化症や血栓性血管炎など
血管由来のもの

が代表されますが
治療を受けても、残存するしびれのほとんどは
足首から下のしびれが多いように思います。

絞扼性末梢神経障害のなかに、足根管症候群、というものがあります。

外科手術まで必要かどうか、議論のわかれるところですが、
しびれは、治らないんですよ、とか、老化だから仕方ありませんね、とか
患者さんに言う前に、もっと細かくしびれについて診察するべきと思っております。

前置きが長くなりましたが、足根管症候群について、まとめます。

外部リンク 日本脊髄外科学会HP

カテゴリ:

研修医のための症例検討会


この施設でも、症例検討会というものがあるそうです。

研修医のトレーニングのため、
自分が勉強になった症例をスライドでプレゼンする
という企画です。

きっとどの施設でもあることでしょう。

研修医が陥りやすいプレゼンのワナ


本日指導した研修医、見事に研修医が陥りやすいワナにハマり込んでました。

カテゴリ:
潜在意識の存在を信じますか?

潜在意識と顕在意識



潜在意識は、心理学者ジークムント・フロイトが発見したとされます。

フロイトは人の意識を三層構造として、
意識、前意識、無意識
に分けて考えています。

この、無意識のことを指して潜在意識とします。
通常、わたしたちが感じることができない意識のことです。

潜在意識に対して、
通常、わたしたちが感じている意識は
顕在意識
と呼ばれます。

カテゴリ:
骨粗鬆症加療は非常に大事なトピックです。
奥が深くて、理解が難しい。。。

骨代謝マーカーの勉強です。

骨代謝マーカーは骨関連疾患を診断や、骨粗鬆症の治療経過を判定に用いられます。

骨形成マーカー:骨芽細胞が新しい骨を作っている様子を測るマーカー
骨吸収マーカー:破骨細胞が古い骨を壊している様子を測るマーカー

今回は
骨吸収マーカー TRACP-5b
についてまとめます。

カテゴリ:
わたしたちは椎体骨折の診療にあたることが多く、骨粗鬆症の加療を行っております。

骨折のリスク評価に、
・骨密度測定(BMD: bone mineral density)
・既存骨折の有無、
・年齢
・転倒リスクの有無
・骨代謝マーカー
などが挙げられます。

このページのトップヘ

見出し画像
×