頚椎症の進行。判断に重要な服部分類とは。

カテゴリ:
頚椎症性脊髄症の進行の判断の基準の一つに
服部の分類
を考慮することは重要なことです。
1970年台の発表です。
山口大学整形外科教授 服部奨先生の業績です。
MRIのない時代の研究で、尊敬してやみません。

服部分類
40


頚椎症性脊髄症の手術適応を考える。

カテゴリ:

頚椎症性脊髄症


頚椎症性脊髄症とは
加齢性変化のために変形した頚椎椎体や椎間板、黄色靭帯などによって
頸髄あるいは神経根が圧迫を受けるために生じた神経症状のことです。
加齢性変化は病気ではなく、生理現象で、いわば必然の変化です。

20150729_085653


症状と判定基準


具体的な症状は、
・手足のしびれ
・手や足の細かい作業ができなくなる
(お箸やボタン、書字がうまくいかない)
(手すりがないと階段がうまく登り降りできない、杖がないと足がつっかかって転びそうになる)
・やがて尿や便の調整がうまくいかなくなる
などの症状が出てきます。

仙骨脆弱性骨折は診断が難しい。だからこそ検査を。

カテゴリ:
近隣の整形外科に約3週間入院していて、
まだ痛みが十分によくならないうちに退院させられた、
ということで
自宅退院して、まだ1週間も立たないうちに
当院の外来を初診されました。

80台の女性の方です。
尻もちをついた後に
痛みで体を動かせない
ので入院加療となったそうです。

その時のレントゲン検査の結果、
第2腰椎に陳旧性の骨折があって、
今回は第3腰椎が新規に骨折している、
という診断でした。

初期は
「痛くてまるで動けない。
腰背部から臀部までが痛くて、
体動時の痛みが激しくて寝返りもできない」
というものでした。

3週間の安静加療の経過で
・体動時の痛みはまあまあ改善した
・腰背部はあまり痛くなくなったが、
臀部に限局してきて、ぜんぜん痛みがよくならない
・座位は数分で困難、臀部が痛くてどうにもならない
・むしろ立位だとまし
・よって食事は立って食べている
という性質のものに変わってました。

診察上の特徴は
臀部に叩打痛あり
・下肢症状や膀胱直腸障害はない
というものでした。

腰椎CTに加えて、骨盤のCTを撮像しました。
案の定、仙骨骨折を認めます。
S2レベルで横に、両側仙骨翼レベルで縦骨折。
恥坐骨にも骨折があります。
25
44


有限要素解析で脊椎運動器疾患の病態を解く

カテゴリ:

有限要素解析


医療においても、とりわけ整形外科の運動器疾患に対して
有限要素解析での報告を散見します。

脊椎領域にも
本来のバイオメカであったり、骨折後や固定後のストレス分布だったり
コンピューターで解析されています。

これはThe Spine J. 14( 2014) 1399-1409の
後頭骨からC1-2までをlocking plateで固定したときの解析モデルです。
41


ポスターが仕上がりました。クロス(布)素材!

カテゴリ:

ポスターが完成


ポスター作成の方法を忘れないように記事にしておきました。
そして、ポスターが完成しました。

さて、いよいよポスターをプリント出力するわけですが、
大判プリンターで、壁紙ポスターをプリントして貼り出します。
おしゃれです。
実際に見やすいですし、
なによりも、見てほしい!!、という気持ちが現れます。

XLIFの後腹膜腔アプローチの理解のために。後傍腎腔?

カテゴリ:
先日、L3/4の椎間板不安定症による両椎間孔狭窄に対して
XLIF1椎間を施行いたしました。

この手技は、後腹膜腔からアプローチします参照
後腹膜腔の解剖をどれだけ理解していますか?

001


実は、管理人はあんまりわかっていなかったことがわかりました(汗)。

脊椎低侵襲手術のためのC-arm2台のセッティングの方法

カテゴリ:
お問い合わせがあったので、
脊椎低侵襲術のためのC-arm2台のセッティングの仕方
まとめます。
BlogPaint


手術ベッド


まずベッドはジャクソンテーブル
を使用します。
・放射線透過ベッドである
・ベッド下に支柱がないので透視を自在に入れることができる
という、脊椎手術専用のベッドです。

C-armのセッティング


C-armの2台使用については
お互いが干渉し合あわないように、
異なるサイズのものを使用する

ことが大事なポイントです。

頚椎損傷,DF2は前方から?後方から?

カテゴリ:

DF損傷について


DF損傷とは、Distraction-Flexion injuryの意で、
伸延力+屈曲位での損傷型です。
比較的頻度の高い損傷型で頚椎損傷全体の35%前後とされます。

最近経験したDF2の2症例について私見をまとめます。


2つの症例の提示


片側の椎間関節脱臼;Unilateral facet interlockingを呈しています。
いわゆるDF2: destruction-flexion stage2です。

001
003


まずは頭蓋直達牽引にて整復を試みます。

その頚椎後方固定術、透視は至適な角度で入りますか?

カテゴリ:
交通外傷による頚椎損傷で後側方固定術(PLF)を施行しました。

C5-6が癒合しており、
C6/7で椎間板がruptureし、前方が開大しています。
後方は圧縮力のため
C6の右外側塊から左の椎弓と外側塊の一部にかけて骨折していました。

001


compression extension injury stage 3 (CES3)と判断しました。

骨折している右C6のlateral massを除いて
C4-5-6 lateral mass screwにC7-T1 pedicle screwでのPLFを施行いたしました。
2/3、3/4に関しては除圧も行いました。


このページのトップヘ

見出し画像
×