勤務医の特定支出控除は認められるのでしょうか

カテゴリ:

はじめに


確定申告が終わりましたね。

課税所得の欄に注目です。
24

税金は、つまり、収入から必要経費、控除額を差し引いた所得に課せられるわけです。

課税所得=収入ー(経費+控除額)

骨粗鬆症性椎体骨折は、Stop at One: Make your first break your last!

カテゴリ:

はじめに


本日も3名の骨粗鬆症性椎体骨折の患者さんが新患でいらっしゃいました。
実は、3名とも既存骨折があって、再骨折でした。

ここで疑問がわきます。
骨粗鬆症加療はどのタイミングで行っているのでしょうか?

周術期の抗菌薬の適正使用について

カテゴリ:

はじめに


周術期の抗菌薬の適正使用については、みなさんそれぞれの思いがあるでしょう。
エビデンスよりこれまでの経験を優先したい、という気持ちも否定はできません。

周術期抗菌薬の選択について


日本整形外科学会日本骨関節感染症学会による骨・関節術後感染予防ガイドラインの2015年改定で
周術期抗菌薬予防投与にペニシリンが外れています。

出張XLIF、後腹膜腔の理解がまだまだ

カテゴリ:

はじめに


側方アプローチ(lateral lumbar interbody fusion: LLIF)
・XLIF extreme lateral lumbar inter-body fusion
・OLIF oblique lateral lumbar inter-body fusion
が本邦に導入されてから多くの脊椎外科医が側方アプローチを選択肢のひとつにするようになりました。

腹臥位での神経トラブル、予防マニュアルを作らなければ

カテゴリ:

はじめに


脊椎手術の体位は後方アプローチであるので、基本的に腹臥位です。
ときに前方アプローチで側臥位となります。

仰臥位で手術するときは、頚椎の前方除圧固定術くらいです。

よって術中の体位トラブルのリスクが高いといわざるを得ません。

BlogPaint


日経新聞は読み続けることが大事

カテゴリ:
日経新聞電子版を購読しています。

経済感覚というか世の中の景気の動向を知るためです。

ちんぷんかんぷんでしたが
やると決めて、2ヵ月くらい読み続けると、
なんとなく世の中の景気の動向や、何で騒がれているのかがわかってきて
次第に面白くなってきました。

経済知識を押さえておかないと日経は読めない
と思っている人が大多数でしょう。

わたしが実際、そうでした。


 

カテゴリ:

はじめに


確定申告はもうお済みでしょうか?

住宅ローンを組んだら必要かな?
くらいの認識であれば、それは少し税金について勉強してみたほうがよいかもしれません。

椎体破裂骨折、胸腰椎損傷についての分類と考察

カテゴリ:

はじめに


救急病院に勤務しているからでしょうが
椎体骨折に対して考えさせられることが多いです。

椎体骨折、とくに破裂骨折の分類や、治療についてまとめました。

脊椎損傷における肺塞栓・深部静脈血栓の有効な予防法は?

カテゴリ:

はじめに


脊椎損傷では、動かせないので臥床安静が基本です。

コルセットを作成しても、オーダーメイドなので採型して納品されるまで時間があります。

そんな状況で心配になるのは、そう、、、
タイトルにあるように肺塞栓症・深部静脈血栓症です。
ファイル 2016-03-03 21 14 05


このページのトップヘ

見出し画像
×