知らないと怖いです!頚椎前方固定のドレーン管理。

カテゴリ:
頚椎前方除圧固定術をいたしました。
ドレーン管理についてまとめます。

術前後での咽頭後壁の軟部組織


まず、術前と術翌日の頚椎レントゲン側面像を供覧しましょう。
C5/6高位の前方除圧固定術です。

21


違いがおわかりになるでしょうか?

答えは咽頭後壁の軟部組織の腫脹です。
一晩でかなり腫れています。
それに伴い気道が狭くなっています。

忘れてしまう、学会用ポスターの作り方。

カテゴリ:
学会発表用のポスターを作成しています。

3年ぶりくらいでしょうか。
本当に久しぶりです(笑)。

やっぱり2面モニターは仕事の効率がはるかにいいです。
ゼッタイおすすめです。

ファイル 2015-11-07 20 44 59


ときに、わたしはマックユーザーです。
Keynoteの直感的なプレゼン作成に魅了されて、パワーポイントには戻れないのです。
ただkeynoteでポスターを作成したことはなくって、よくわかりません。

ですので、昔に戻って、パワーポイントでのポスター作成を行います。

ところが、、、
当然ですが、忘れております(涙)。

次もポスターを作成する機会があるかもしれませんので
忘れないように、記事にしておくことにしました。


XLIF術後の左大腰筋の低下

カテゴリ:
XLIF®はlateral approachで行う腰椎の低侵襲椎体間固定術です。

メリットとデメリット


「ダイレーターを用いて大腰筋の筋層をsplitしてレトラクターを挿入して筋組織を牽引する」

後腹膜腔経由で大腰筋に入って椎間板にアプローチするため
最も大きなメリットは、大血管や、尿管を守ることになるのですが、
術後にアプローチ側(主に左)の大腰筋に症状が出現してしまうことがデメリットです。

術中は神経を損傷しないように、運動神経専用のモニタリング装置でチェックします。
ただし、感覚神経や直接的な筋のダメージについてはモニターできないので
開創器が入ったら、
「なるべく早く手術を完遂し、牽引圧迫の時間を短縮する」
ことが一番の回避策になります。

MRIでの2症例の比較


文献的には約20%程度の割合で大腿周囲の筋力低下や感覚障害の訴えがあるとのことです。

また症例が10例超と少ないのでなんとも言えませんが、
1例に術後左大腿が持ち上げにくいとの訴えがありました。

001


術後の7日目のMRIですが、
大腰筋の炎症、血腫や腫脹などの損傷はacceptableと考えました。
むしろ対側(右)の損傷のほうが大きいように感じます。
これは、コブで対側の椎間板線維輪を貫通させた影響です。

PCの仕事を快適にするならデュアルモニター化!!

カテゴリ:
これまでPCで仕事するのは、PCの画面のみで行うのが普通でした。

まわりの先生の机をみても同じです。
持ち運びのためにネットブックや、ノートブックの先生もいれば
どんと大きなデスクトップを置いている先生もいます。
タブレットを別に使用している方もおります。

声を大にして言いたいです。

PCの仕事をするなら
絶対デュアルモニターです。

ファイル 2015-11-05 20 12 39


世界が変わる、仕事効率が変わる、といっても過言ではありません。

腰椎除圧術後フォローにCTのススメ。医原性分離症の症状と診断について

カテゴリ:
本日は医原性の腰椎分離症についてです。
医原性というだけに手術が原因です。
患者さんにとっても術者にとってもイタイ話になります(涙)。

症例提示


症例は50台の男性です。
L4/5にMIS-PLIFして、L3/4に片側侵入両側除圧の椎弓切除を施行しております。

術後3ヶ月目の検診の時でした。

1ヶ月目の時は調子はまずまずでしたが
3ヶ月目の時は左側に腰痛の訴えがありました。
診察日を早めるまでの痛みではなかったので、予約日まで待たれていた、とのことでした。

CTを撮像するとL3の左下関節突起がisthmusの部分で骨折しています。

001


カテゴリ:
頚椎椎弓形成術
「頸髄の圧迫を除去するために脊柱管を拡大すること」
が手術の目的です。

ところが、せっかく除圧したスペースに術後血腫が貯留してしまうと
いわゆる術後急性硬膜外血腫となってしまいます。

処置が遅れると永続的な頸髄損傷に発展してしまいます。
よって早期発見が最重要事項となります。

実際は看護師さんに頼っている


血腫貯留を防ぐために
術後には硬膜外ドレーンを留置して帰室してくることが一般的です。

そして多くの場合、硬膜外血腫に一番早く気づくのは看護師さんです。
なぜか。
それは看護師さんがつきっきりで患者さんの状況を観察してくれているからです。

ドレーンの管理について、看護師さんから質問が多いのでまとめたいと思います。


カテゴリ:
サルコペニア
sarcopenia
【語源】ギリシャ語sarx(=flesh:肉)+ penia(=loss, povety:失う)
1989年 Rosenbergにより初めて提唱されました。
原著はまだ読んだことはありません。

加齢に伴って筋力量が減少した状態のことです。

脊椎診療を行っていると、多くの方が悩んでいるように思います。

筋力の低下のため
ふだんの歩行や起居のちょっとした動作の機能も低下してしまいます。



このページのトップヘ

見出し画像
×