圧迫性脊髄症(頚椎症性脊髄症)と診断された方へ

カテゴリ:
圧迫性脊髄症についてまとめました。
とくに頚椎症性脊髄症に関しての話になります。

病態


脊椎は老化や反復する負荷によって脊椎症を呈します。
脊椎症とは、椎間板の膨隆や椎間関節の変形・骨棘の形成、黄色靭帯の肥厚などの
変化が生じた状態です。
脊椎症をきたすと神経の通り道である脊柱管や椎間孔が狭くなっていきます。
狭窄によって脊髄や脊髄の枝の脊髄神経が圧迫されると症状を呈します。
頚椎症の場合では、
頸髄の圧迫症状を頚椎症性脊髄症、
脊髄神経の圧迫症状を頚椎症性神経根症
といいます。
頚椎症は無症状の方でも、60歳以上であればMRIで実に85%以上認めます。
そのうち8%では頸髄に圧迫所見があったと報告されており、

経皮的バルーン椎体後弯矯正術:BKP(balloon kyphoplasty)を受ける方へ

カテゴリ:
脊椎骨折の手術治療
経皮的バルーン椎体後弯矯正術:BKP(balloon kyphoplasty)についてまとめました。

手術の目的


脊椎椎体骨折のため硬性コルセットを用いて安静加療を行います。
加療しているにも関わらず、体動時の痛みが頑固に持続している場合や、
椎体圧潰が進行している場合に、手術加療を行います。
経皮的バルーン椎体後弯矯正術とは、レントゲン透視を見ながら行う低侵襲手術の一つです。
小さな筒を骨折した椎体に挿入して、風船を筒の中から通して骨折椎体内で膨らませます。
膨らんだ風船の力をもって骨折で変形した椎体の形を可能な範囲で整復します。
次いで風船をしぼませて、形成された空間に骨セメントを注入して、骨折した椎体を安定化させます。椎体が安定すると、寝返りや寝起きなどの痛みの大部分が改善します。

腰椎椎弓切除術を受ける方へ

カテゴリ:
腰部脊柱管狭窄症の手術方法のひとつである腰椎椎弓切除術についてまとめました。

手術の目的


腰部管狭窄症のため神経が圧迫を受けており、腰痛や下肢のしびれ、痛みなどで
日常生活が困難となっている場合に、保存加療によって症状の改善を試みます。
しかし、どうしても改善が望めない場合には手術加療を行います。
腰椎椎弓切除術とは、
・脊柱管の背中側の屋根にあたる部分の骨を削って
変形肥厚した部分の骨をなめらかに平坦にする
・上下の骨をつなぐ黄色靭帯を切除する
そうすることによって、脊柱管のスペースを確保し、神経の圧迫を取る手術です。
圧迫が解除されると、神経の血流が整うので、
回復力が残っている神経の機能改善が期待されます。
001


腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症とは

カテゴリ:
腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症についてまとめました。

病態


腰椎の老化や反復する負荷によって、神経の通り道である脊柱管が狭くなっていきます。
具体的には
・椎体に骨の棘ができる
・椎間板が膨隆して飛び出してくる
・骨と骨をつなぐ接着剤の役目をする黄色靭帯が
伸びきったゴムのように膨らんでたくれこんだり、石灰化したりする
・骨と骨の関節が変形して分厚くなる
このような変化が起こって、腰椎脊柱管狭窄症に至ります。

脊髄造影(ミエログラフィー)検査を受ける方へ

カテゴリ:
当院での脊髄造影(ミエログラフィー)検査についてのまとめです。

脊髄造影検査ならびに造影後CT検査を行います。検査は1泊2日の入院となります。
003



カテゴリ:
8月末にブログを開設し5ヶ月が過ぎました。

総訪問者数が3000人を超えました。
応援くださり誠にありがとうございます。
励みになります。

ブログ開設のきっかけは自分の異動が決まったことです。
そして、いよいよ異動になり、脊椎診療の立ち上げがはじまりました。

・独りよがりにならないよう多くの方と交流したい
・普段頑張っている近況をこれまでの施設の親しい方々へ報告したい

この2つを軸に、引き続きpostしていきたいと思います。

そして、これからは、スタッフへの勉強会の欄をメインページに適宜アップしていく予定です。
このコーナーでは患者さん目線でなるべくやわらかい言葉で綴りたいと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

ほんとうに感謝感謝です。

後方MIStによるligamentotaxisの効果

カテゴリ:
先日のTrauma Instrument Set®(Medtronic®)の続きです。

術直後のCT変化


矯正整復の後の骨片の術直後の状態です。
脊柱管内を占拠していた骨片が椎体に還納されて、
いい具合に脊柱管内面積を改善させることができました。
001

術前のMRIにて一部硬膜外血腫があって、後縦靭帯の損傷が懸念されました。
矯正整復によるligamentotaxisが十分に効くかどうか心配でした。
そのため、二期的に除圧手術を追加する可能性もしっかり説明したうえでの手術になります。

MIStで外傷の矯正固定ができるようになりました!メリットとデメリットについて。

カテゴリ:
30代女性の転落外傷による胸腰椎損傷の患者です。

骨折の状態


L1椎体は前壁、後壁の損傷があり、
CTでは前壁は約40%の圧潰があり、
後壁の骨片は脊柱管の約60%を占拠しております。
axialでは椎体は約40%くらいの粉砕で、
coronalでは縦に真っ二つに骨折
L1/2の終板は保たれております。
L1椎弓から右下関節突起まで骨折線があります。
ほか、T12棘突起、T12-L1棘間靭帯損傷前縦靭帯損傷、後縦靭帯損傷あり、
脊柱管内に軽度硬膜外血腫を認めます。

カテゴリ:
勉強会で、脊椎外科で使用する止血剤をまとめました。
皆さんの好みの止血剤は何ですか?
また、止血剤の工夫がありましたら、ぜひご教示ください。

サージセル®

 

カテゴリ:
2016年に異動します。

これまで自家用車で通勤していましたが、
通勤時間は往復2.5時間、運動不足もいいところです。

5.5年勤務で、なんと10kg近く体重がgainしてしまいました。

これでは健康状態を維持することができないと不安になってしまいます。

肥満に関しては
高血圧症
2型糖尿病
脳梗塞
冠動脈疾患
認知症(内臓脂肪)
うつ病なんかも
とにかく、枚挙に暇がありません!

このページのトップヘ

見出し画像
×