カテゴリ:
8月末にブログを開設し5ヶ月が過ぎました。

総訪問者数が3000人を超えました。
応援くださり誠にありがとうございます。
励みになります。

ブログ開設のきっかけは自分の異動が決まったことです。
そして、いよいよ異動になり、脊椎診療の立ち上げがはじまりました。

・独りよがりにならないよう多くの方と交流したい
・普段頑張っている近況をこれまでの施設の親しい方々へ報告したい

この2つを軸に、引き続きpostしていきたいと思います。

そして、これからは、スタッフへの勉強会の欄をメインページに適宜アップしていく予定です。
このコーナーでは患者さん目線でなるべくやわらかい言葉で綴りたいと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

ほんとうに感謝感謝です。

後方MIStによるligamentotaxisの効果

カテゴリ:
先日のTrauma Instrument Set®(Medtronic®)の続きです。

術直後のCT変化


矯正整復の後の骨片の術直後の状態です。
脊柱管内を占拠していた骨片が椎体に還納されて、
いい具合に脊柱管内面積を改善させることができました。
001

術前のMRIにて一部硬膜外血腫があって、後縦靭帯の損傷が懸念されました。
矯正整復によるligamentotaxisが十分に効くかどうか心配でした。
そのため、二期的に除圧手術を追加する可能性もしっかり説明したうえでの手術になります。

MIStで外傷の矯正固定ができるようになりました!メリットとデメリットについて。

カテゴリ:
30代女性の転落外傷による胸腰椎損傷の患者です。

骨折の状態


L1椎体は前壁、後壁の損傷があり、
CTでは前壁は約40%の圧潰があり、
後壁の骨片は脊柱管の約60%を占拠しております。
axialでは椎体は約40%くらいの粉砕で、
coronalでは縦に真っ二つに骨折
L1/2の終板は保たれております。
L1椎弓から右下関節突起まで骨折線があります。
ほか、T12棘突起、T12-L1棘間靭帯損傷前縦靭帯損傷、後縦靭帯損傷あり、
脊柱管内に軽度硬膜外血腫を認めます。

カテゴリ:
勉強会で、脊椎外科で使用する止血剤をまとめました。
皆さんの好みの止血剤は何ですか?
また、止血剤の工夫がありましたら、ぜひご教示ください。

サージセル®

 

カテゴリ:
2016年に異動します。

これまで自家用車で通勤していましたが、
通勤時間は往復2.5時間、運動不足もいいところです。

5.5年勤務で、なんと10kg近く体重がgainしてしまいました。

これでは健康状態を維持することができないと不安になってしまいます。

肥満に関しては
高血圧症
2型糖尿病
脳梗塞
冠動脈疾患
認知症(内臓脂肪)
うつ病なんかも
とにかく、枚挙に暇がありません!

カテゴリ:
脊椎外科領域で出す処方は、そんなに多くのパターンがあるわけではありません。
薬についてよりも、湿布に代表される外用剤についてはよく質問されます。
最近は1回の処方に対する湿布の枚数が多すぎる?とレセプトでチェックされるなんて話も聞きます。

「そんなにたくさんの湿布は出せませんよ、、、」

すると、よくある患者さんの質問
「市販の冷湿布と温湿布どっちが効きますか?」
に対してですが、

申年です。サルの実験で脊髄損傷からの機能回復のメカニズムが明らかになりました。

カテゴリ:
新年明けましておめでとうございます。

しんねん、と変換したら、信念と出てきた、とぜんな脊椎外科医です。
読んでくださった方々になんとか有益なブログになるよう、今年も頑張っていきたいと思います。

さて、今年の干支はさる、ですね。

サルといえば、このような記事があります。
Science 350: 98-101; 2015.
側坐核から運動野への機能的統合が脊髄損傷からの機能回復に貢献する

  意欲を高く持つと脳脊髄損傷後のリハビリテーション効果が上がるということはよく知られていますが、そのメカニズムは未だ明らかではありません。我々の研究グループでは近年、部分的な頚髄損傷になったサルにおいて、一度は麻痺した手指の運動が1ヶ月程度で回復することを見いだし、その運動機能回復に対する大脳皮質の関与について検討してきました(Nishimura et al. Science 2007)。機能回復中に意欲に関与していると考えられている側坐核を含む腹側線条体の活動が損傷前に比べて増大しており、その側坐核活動は大脳皮質運動野の活動と相関するようになることを見出しました。そのことから、側坐核と運動野を結ぶ神経ネットワークが機能回復に重要である可能性を示してきました(Nishimura et al. PLOS ONE 2011)。
  しかし、先の研究では運動機能が回復したサルでは側坐核と運動野の活動の関係性が強くなるということを示すことはできましたが、その因果関係については未だ不明でした。そこで、本研究では、手の運動機能回復に対する側坐核及び運動野の活動の因果関係を明らかにするために、運動野と側坐核より電気的な脳活動を測定しながら、脊髄損傷前後のさまざまな時期において側坐核を薬理的に不活性化し、それにより引き起こされる手指の運動と運動野の電気活動の変化を観察しました。
  まず側坐核と運動野の間の情報の流れを明らかにするために、脊髄損傷前後の機能回復過程のさまざまな時期で、餌を指でつまむ運動中(図の手の巧緻性を示す)の側坐核と運動野の電気的活動を同時に記録しました。すると、脊髄損傷前にはみられなかった側坐核から運動野への情報の流れが、機能回復中には強く認められるようになり、運動機能が回復すると再び認められなくなりました。このことは、損傷からの回復時に側坐核が運動野を活性化しているということを示唆します。
  次に、実際にその因果関係を検証するため、側坐核に神経活動を抑制する薬物を注入することで側坐核の活動を一時的に不活性化し、それにより引き起こされる手指の運動と運動野の電気活動の変化を観察しました。すると、脊髄損傷から回復し始めていた手の運動は側坐核の不活性化によって回復過程の早期においてのみ障害されました。このときにサルが餌をとろうとする意欲の低下はみられませんでした。さらに、側坐核の不活性化によって運動野の活動は大きく抑制されることが明らかになりました。これらの結果から、脊髄損傷からの機能回復過程では側坐核が運動野の活動を促進することが、運動の遂行に重要な役割をはたしていることが証明されました。

Function of nucleus accumbens in motor control during recovery after spinal cord injury
Masahiro Sawada, Kenji Kato, Takeharu Kunieda, Nobuhiro Mikuni, Susumu Miyamoto, Hirotaka Onoe, Tadashi Isa, Yukio Nishimura
Science 350:98-101 (2015)
53

脊髄損傷前や脊髄損傷から完全回復した後では、手の運動を実行するために、側坐核の活動は必要とされていない。ところが、脊髄損傷の機能回復早期では側坐核によって活性化された運動野の活動が、手の運動機能回復を支えている。



脊髄損傷患者さんにとって、多岐にわたるチームの関わり合いが必要です。
外科医としてどこまで貢献できるのか悩みます。

昨年、脊髄損傷に関して、
脊髄損傷は手術での回復が困難であるため、外科医としては挫けそうになること
・ノーベル生理学医学賞受賞の山中伸弥教授のiPS細胞発見と現在の応用の講演を聴いて感動したこと
をpostしました。

側坐核腹側線条体をうまいこと刺激できれば外科医としての新たな役割ができるかもしれません。
ちょっと想像つきませんが、、、

まとめ


この研究では早期のリハビリ医療の重要性もさらに明らかになったと思います。
側坐核の役割が明らかになったことで、治療法が産み出される可能性が出てきました。

もちろん今後の再生医療にも注目です。

澤田眞寛先生の今後のますますのご活躍を祈念いたします!!

カテゴリ:
いよいよ2015年もあとわずかです。

本年は、管理人にとって、非常に大きな意味を持ちました。
医師のための資産形成セミナーを受講したことがきっかけです。

本当に参加してよかったと思っています。
今後の生き方について、勉強になりました。

その時に一番心に響いたのは、
積極的にコミュニティーを得よう
医療の世界の外に出てみよう
ということでした。

2016年に転職予定です。
今の職場は多忙すぎて、自分に投資する時間がありませんでした。
やりがいと報酬、自分の時間のバランスを考えた結果です。

2016年、良い年になるかどうか

やってみないとわかりませんが、よりよい生活を目指して頑張りたいと思います。



2015年も本当に多くの方々にお世話になりました。
誠にありがとうございました。
引き続き2016年度もよろしくお願い致します。

カテゴリ:
わたしは学会発表や手術見学が自分を伸ばす一番の方法と考えております。

学会で発表する意義


学会で発表すれば
自分の知識の整理やアップデートにつながります。
質疑応答で、他施設の考え方を得ることができます。
ほかにも他施設の演者の発表を聞くことで
診断や手術に対する注意点、対策など
いろいろ拝聴したり質問したりすることができます。
その場で新しい人間関係を得ることもできます。
これらはたいてい、大きな刺激になるものです。
そして新しい臨床研究に対するスイッチが入ります。

このページのトップヘ

見出し画像
×