アーカイブ

2018年06月

腫瘍マーカーアップデート

カテゴリ:

はじめに


原発巣不明の転移性椎体腫瘍を疑ったときは、こちらで迅速に原発巣を検索しなければなりません。
その際にひとつの手がかりとして採血で腫瘍マーカーを測定します。

腫瘍マーカーの一覧をまとめました。

転移性椎体腫瘍を疑ったときの検査項目として、診療のご参考になれば幸いです。

側臥位でPPS刺入、そのコツを備忘録としてまとめました。

カテゴリ:

はじめに


以前、LIFのときに、側臥位でPPSが打てたらなあ、、、と願望の記事を書きました。

それが、期せずして、すぐに叶いました!!

なんと、大学の先生を招聘して、側臥位でPPSを打つポイントをご指導いただく機会を得ました。

ブログの力はすごいです!?

もしかしたら、願いはブログで記事にすると叶うのかもしれません(笑)

今回は、その時に、ご指導いただいたコツを記事にしたいと思います。

さらなる工夫あれば、どなたかぜひご教示いただけましたら嬉しいです!

C arm使用のときの術野を清潔に保つために。ムラナカのC armor

カテゴリ:

はじめに


今日は、C-armカバーについて記事にしたいと思います。

以前、LIFのときに、側臥位でPPSが打てたらなあ、、、と願望の記事を書きました。




それが、期せずして、すぐに叶いました!!

なんと、大学の先生を招聘して、側臥位でPPSを打つポイントをご指導いただく機会を得ました。

ブログの力はすごいですね!

願いはブログで記事にすると叶うのかもしれません(笑)


重要なポジションであるC-arm係!最高のチームをつくれ!

カテゴリ:

はじめに


先日、スーパーウルトラの手術を見学する機会を得ました。

たった1日の見学ではありましたが、非常に盛りだくさんの内容で、とても充実した一日でした。
LIFを用いた変形矯正手術のエッセンスが凝縮していました!

やっぱり出稽古は勉強になります。



脊椎診療において最も大切なこと。

カテゴリ:

はじめに


先日、骨粗鬆症の講演を拝聴する機会がありました。

演者の先生は整形外科医であり、ご専門は
手術としては、股関節外科、脊椎外科であり、日々の診療では骨粗鬆症診療もしっかり行っているというスーパードクターでした。

二足のわらじでなく、三足のわらじ。。。
正直実践されている先生はなかなかおられないのではないでしょうか。

素晴らしく大きなエンジンを搭載しておられます。見習わなければ!

IMG_20180413_135810


このページのトップヘ

見出し画像
×