アーカイブ

2019年04月

キャンピングカーライフを経費化するには?

カテゴリ:
とぜん201903-.001

はじめに


週末なので脊椎診療を離れてとぜんな雑感です。

キャンピングカー、ついに先月納車されました!!

現状では圧倒的に、
負債>>>資産
の関係ではありますが、このライフイベントを契機に、
キャンピングカー大家さんを目指して
という関連カテゴリーを作成しました。

もし、趣味をマネタイズできれば、人生はとても楽しいものになるに違いありません。

そして、キャンカーが資産になりえるなら、子育て世代の医師をばっちり応援できるし、子育てが終われば、医師を副業に悠々自適、自由気ままなキャンカー旅に出られるかもしれません!

そんな妄想を抱きながら、まず自分で頑張ってみたいと思っています。

とりあえずの決意表明でした。

キャンカーを経費化するには?


信頼できるインプラントメーカーとは?

カテゴリ:
とぜん201903-.001

はじめに


先日の記事
術中意見やアイデアを申してくれるメーカー様
に対して、Twitterでこんなご質問をいただきました。

メーカーは先生方にとってどのような存在でしょうか?
また、どんな担当者だと信頼できるな、とお考えになりますか?
お返事頂けると嬉しいです。
よろしくお願い致します。


こちらこそ、ご質問いただきまして、誠にありがとうございます。

こんなのほしかった!海外用変換プラグ+USBポート3口+USB typeCつき。

カテゴリ:
とぜん201903-.001




今回のCSRS-Romeで、学会でヨーロッパを訪れるのは3回目になります。
ていうか、学会以外でヨーロッパ行ったことないです(笑)。

で、Euro-Spineでダブリンに行ったときに、一番困ったアイテムは海外用の変換プラグでした。
海外出張の備忘録。準備できずに困ったアイテム。

差込口が違うことを直前に知って、ヒースロー空港で購入したんですが、、、
パーツが足りないの?(涙)
プラグが違うの?(涙)
差し込めんやん!!
とぜん201903-.002


ブログでの財産は、オンでもオフでも人とのつながりができること

カテゴリ:
とぜん201903-.001

はじめに


週末なので脊椎診療を離れて、とぜんな雑感です。

グーグル検索ではコアアルゴリズムアップデートが定期的に行われているそうです。

いろいろな要素でキーワードでの検索順位に変動が起こってしまう。
それに伴ってアドセンス広告等で収入をえていたサイトの収益が一気に吹き飛ばされてしまうという、、、

負の影響を受けるサイトもあれば、正の影響を受けるサイトもあり、詳細は誰にも明らかにされません。

そもそもわたしのブログはマニアックすぎます。

ほぼ自分の備忘録、後輩に質問されたことなどと、脊椎診療に特化しまくっていて、一般の人はおろか、他科の医師にもさっぱりな内容ばかりですね。

そんなブログでも、医療・健康のキュレーション問題で、これらのサイトを吹き飛ばしたアルゴリズム変動のときは、大きな影響を受けてしまいました。

その時から、アクセス数が半分以下になったかと思います。

しかし、そのあとはいつアップデートしたの?
という状態で、アップデートが起こっていようが、無風状態です(笑)。

図らずとも検索エンジンを意識した記事ではないことが明らかに、、、

とかそんなこと言いつつも、ヒット数が大きければ、ちょっと嬉しかったりもしますが、、、

術中意見やアイデアを申してくれるメーカー様

カテゴリ:
とぜん201903-.001

4月になりましたね。

わたしの所属施設にもフレッシュマンがたくさん入職しました。

と、同時にメーカー様にも新しい人事が起きていました。

なんと、わたしの修行時代にたいへんお世話になったメーカー様が新たな職場に異動していたのです。

わたしが異動してからは、他県の担当となったため、直接お話する機会が激減してしまい、当然ながら一緒に手術することは皆無でした。

終板貫通軌道はナンチャッテに終わってしまった

カテゴリ:
とぜん201903-.001

はじめに


終板貫通軌道に注目していました。

久我山病院竹内拓海先生の講演を聞いて、これはいいな、思った次第です。

長いスクリューを用いて、刺入椎体の上終板を貫き、さらに上位椎体の下終板まで貫いて、2つの椎体にまたがるようにスクリューを打ちます。

これにより、複数の皮質骨層を貫通することで、スクリューに強いトルクがうまれ、安定性が増します。

・・・といいつつ、わたしはてっきり上の終板を貫く、もしくは下の終板を貫くものとばかり思っていたのですね。。。

よくよく調べてみると、どうやら勘違いで、隣接の椎体にまで貫通するんです(汗)
スクリーンショット 2019-04-06 10.55.59


資産形成、マイクロ法人設立で間接保有に転じる時期が来た!?

カテゴリ:
とぜん201903-.001

はじめに


週末なので脊椎診療をはなれてとぜんな雑感です。

わたしの人生でとても大きな転機は以下のふたつです。

整形外科医のブログ先生のセミナーに参加
整形外科医のためのペラペラ英語道場いまだ金時先生のサロンに参加
医師のキャリア革命

一歩一歩は小さいですが、年単位でおもんばかると、だいぶ変わったな、と思います。

今日は、過去を振り返ってみます。

BKP+PPS治療の可能性

カテゴリ:

はじめに


BKPとインプラントとの併用禁忌が削除され、2年くらいが経過しています。

併用できるようになったことにより、骨粗鬆症性椎体骨折のMIS治療の選択肢として、
圧壊が強い、新AO Type B2のような椎体骨折に対して

BKP+PSF

という選択肢が生まれました。

BKP:Ballon kyphoplasty



PSF:pedicle screw fixation
は経皮的椎弓根スクリューによる制動固定術です。

治療の手応えの報告を拝見いたしましたので紹介いたします。

熊本医療センター 整形外科 田畑聖吾 先生
の臨床ケースレポートです。

日本エム・ディ・エムのパンフレットです。
スクリーンショット 2019-04-05 17.17.42

まれな腰痛疾患②SAPHO症候群について

カテゴリ:

はじめに


最近、腰痛について深く考えさせられています。

きっかけは
山口大学 鈴木秀典先生の論文「慢性腰痛(非特異性腰痛)」の治療 
脊椎脊髄 29(1): 35-41, 2016
です。

腰痛患者のうち非特異性腰痛と診断されていたもの72%は診断が可能であり、
どうしても診断が難しいものが28%で、これが真の非特異性腰痛の割合である。

よって腰痛患者の78%は整形外科専門医が詳細な診察を行えば診断が可能である。

という結論です。

自分も診断の精度を高めたいと思い、腰痛診療のアップデートを開始しています。

今回はSAPHO症候群についてです。

SAPHO umbrella Clinical Radiology 67 (2012) 195-206
03

非特異性腰痛が80%!?

カテゴリ:
05

はじめに


腰痛症には、非特異性腰痛という概念があります。

定義では
脊椎に特異的な病理が見いだせない腰痛
のことをいいます。

腰痛の由来は、脊椎以外にも、
内臓にあったり、
血管にあったり、
神経にあったり、
しいては心因性のものだったり
いろいろ考えられております。

このページのトップヘ

見出し画像
×