カテゴリ:
スポンサードリンク
患者さんが救急来院されました。
もともとL4/5の椎間すべり症、不安定症による高度狭窄で内服治療中です。

突然の腰臀部痛のあとに両膝から下の感覚が脱失。
立つことができない。

救急担当医から当科へコンサルトされました。
「貴科で治療中の患者さんのL4/5狭窄症状が悪化しています」
ということでしたが、
「L4/5の馬尾症でそんな急なことは起こらない、
なにか新しいイベントが起こっているはず」
と、まずCTで、大動脈解離や、その他の救急疾患がないことを確認してもらいつつ
診察に伺いました。

自宅で安静中にもかかわらず急激な発症。
発症からわずか2時間程度で、

・運動障害
膝立ては可能、足関節の屈曲、伸展ができない。

・感覚障害
両大腿内側から両膝下にかけての感覚障害。
両膝下に関しては全周性、足の甲も足の裏も、脱失。
足趾位置覚は、まったくわからず。

・深部腱反射
下肢腱反射なし。肛門括約筋反射なし。

という症状になっております。

出血あるいは虚血
膿瘍や腫瘍などによる急性の圧迫
あるいはヘルニアのepidural migration
conus近傍の脊髄炎
などが考えられました。
L4/5はワンチャンあるかもしれませんが、、、
と放射線科にコールし、
緊急でMRIを施行してもらいました。

発症3時間半、当院搬入3時間くらいで
頭蓋から全脊椎のMRIが完成。
001


既知のL4/5の高度狭窄しか明らかな病変を認めませんでした。
そうなると、脊髄梗塞がもっとも考えられます。

ただし、そう確定していいのでしょうか?

膀胱直腸障害が出現しており、
万が一L4/5が原因で、
もしかしたら改善するかも、
という期待をこめた可能性を考えて
緊急除圧の準備を整えてもらいながら、

再度診察に伺うと、
すでに両下肢は完全にflaccidになっておりました。
鼠径部大腿内側付近の感覚は保たれておりますが、
そのあたりが境界で、以下は完全に感覚の脱失。

やはりL4/5での可能性はなく、
epiconus領域の虚血
と、泣く泣く診断いたしました。

症状からは
前脊髄動脈領域、後脊髄動脈領域をまたがっており
横断性脊髄障害です。

翌日MRIを撮像すると、epicounsからconusにかけて髄内にT2高信号領域を認めました。
002


確立した治療法はありません。
機能予後は不良です。
無念です。
本人のサポートができるよう、家族、スタッフと一丸になって対応に望みます。。。

脊髄再生医療、それしかないのでしょうが
それ以外になんとかならないものでしょうか・・・?



スポンサードリンク