カテゴリ:
スポンサードリンク
頚椎の手術治療のひとつ、
頚椎椎弓形成術についてまとめました。

手術の目的


頚椎症性脊髄症のため、
・上肢や下肢のしびれや痛みが出現している
・箸やボタンを扱うようなの指の細かい動作がしにくい
・歩行がうまくできなくて階段の昇り降りに手すりが必要
・さらには平地でも杖が必要
・排泄の調整が困難となっている
ような場合に、内服加療によって症状の改善を試みるのですが、
どうしても改善が望めない場合
あるいは徐々に悪化している場合
は手術加療を行います。

手術の方法


頚椎椎弓切除術とは、頚部脊柱管の背中側の屋根にあたる椎弓という部分の両側を削って
椎弓を開くことにより脊柱管を広げる手術です。
スペーサーといわれる人工骨や金属のプレートを挿入して、
持ち上げた椎弓が安定するようにします。
椎弓の両側を蝶番のようにして開く方法(観音開き方)と、
片側を蝶番にして開く方法(片開き方)があります。

管理人は片開き方を好んで用いています。

脊柱管が拡大すると、頸髄の圧迫が解除されます。
圧迫が解除されると、神経の血流が整うので、
回復力が残っている神経の機能の改善が期待されます。
ただし中枢神経である頸髄の回復力はあまり強いものではありません
48


手術の流れ


1. 全身麻酔で眠ってもらいます。
2. 手術中に体動があると危険なので、手術台と頭とを固定するピンを用います。
3. その後、スタッフで体の向きを腹ばいに変更します。
4. 首の後ろの真ん中に約4~5cmの皮膚切開を行い、椎弓を露出します。
5. 椎弓を削って持ち上げて、脊柱管が広げます。
持ち上げた椎弓が安定するようにスペーサーを挿入します。
頸髄の圧迫が解除されたことを確認して手術は終了です。
手術時間は、90~120分程度の見込みです。
6. 閉創し、体の向きを最初のように仰向けにして、
頭を固定するピンを外して麻酔から目覚めてもらいます。

手術アプローチは、椎弓、棘突起、症状や圧迫の強い側などを考慮して、片側から行ったり、両側から行ったりと、個々の病態に応じて決定します。

顕微鏡下手術のメリット


術野が拡大されるため、頸髄損傷のリスクを最小限に抑えることができます。
肉眼でとらえにくいレベルでの出血まで丁寧に処置できるため、
出血量を最低限に抑えることができます。
後方手術は、多椎間病変の除圧が可能で、長期的にも安定した拡大が保持されることがメリットです。

デメリット


後方の筋群の剥離操作を伴うため、
さまざまな程度で術後に肩こりや頚部周囲の痛みが残存することがあります。
また後弯変形を起こすことがあるので術後に充分姿勢指導を行います。
原因は不明ですが術後に上肢が上げにくくなることがあります。
大部分は一過性の症状です。
その他手術の合併症として、
硬膜損傷、神経損傷、感染症、出血、術後血腫や一過性に感覚や運動の障害を来すことがあります。
深部静脈血栓や心・脳血管の血栓などは致命的になりえます。

長期的な予後


術後であろうとなかろうと、加齢性変化は生理現象です。
加齢現象や長期的な負荷がかかることにより、術後も脊椎は変形し続けます。
頚椎椎弓形成術は長期にも安定して脊柱管が保持されることがメリットですが、
加齢に伴い、椎間板の膨隆、黄色靭帯の肥厚などが進行し、再狭窄をきたす場合があります。
その際は除圧術や固定術の追加が必要になることがあります。

片開き式椎弓形成の術前と術後
002
003


手術治療の流れ


持病や内服薬の種類によって術前の入院期間が異なります。
通常は手術の前日に入院です。
頸髄障害が生活に支障ない程度であれば術後2週間の入院期間が目安です。
術前の頸髄障害が強く、生活に支障がある場合や
術後の筋力低下が出現した場合はリハビリが必要です。
積極的なリハビリ加療を行うためにリハビリ病院への転院調整を行います。
術後は頚椎を保護するためにソフトカラーを処方しますが、
姿勢悪化や頚部筋群の筋力低下の原因になりますので痛みが強くなければ
積極的に外していきましょう。

・手術前日   術前の準備
・手術当日   手術 
・術後1日   食事開始 ベッド離床開始 ソフトカラーは痛みに応じて装着
・術後2日   リハビリ開始
・術後14日   自宅退院あるいはリハビリ病院転院

・術後4週あるいはリハビリ病院退院後   外来受診

まとめ


頚椎椎弓形成術についてまとめました。
一般的な予定です。個人差があることをご了承ください。

★★★★★
星地先生の経験と知識が余すところなく収められております。教科書らしくない教科書で、非常にわかりやすい!そして、なにより面白いです。絶対に一読すべきテキストです。






スポンサードリンク