カテゴリ:
スポンサードリンク

はじめに


例えば腰椎椎間板ヘルニアの手術で、
あれ?ヘルニアがない、、、?
ということが起こった場合の話です。
BlogPaint


脊椎手術のトラブル


脊椎手術のトラブルに
・左右の取り違い
・高位の取り違い
があります。

よってヘルニアがない、となった場合、
左右が異なっていないか、
高位がことなっていないか、
を見直す必要があるのです。

高位誤認をふせぐために


わたしは、高位誤認に泣いています。

徳橋先生の著書、
脊椎脊髄術中・術後のトラブルシューティング 第2版
では

高位誤認は決してまれではない。
適時術中X線撮影ができる環境作りが重要。
術前にKワイヤーあるいは注射針によるマーキングと
マーキング後のX線撮影を行うことにより高位誤認問題の大半は回避できる。

とあります。


それで、いま、わたしはどうしているかというと、

① 執刀前に注射針でマーキングし、Xp撮影
② 開創器を設置した後で、骨を削る部分にドリルをあてて透視下に確認
③ 閉創前に透視を用いて確認

の3段階で、誤認がないようにしております。

高位誤認再発


これでうまくいっていたのです。

ところが、先日、この段階を経たにも関わらず、高位誤認を起こしてしまったのです。

その時は、
・変性側弯があり側面像が判断しにくかった
・マーキングピンが1椎体上の棘突起に刺入された
という不安要素がありました。

ただし、上述の3段階を守り、さらに複数医でチェックしました。

もう、どうしていいかわからない、、、

高位誤認、防ぐための他の工夫


他になにか追加することはないでしょうか?

文献的には、ピオクタニンで色をつける、という工夫がありました。

マーキングピンを該当する椎体に刺入しなおして、撮影したらよかったと反省しています。

まとめ


高位誤認を防げる工夫があれば、是非ご教示願います(涙)
どんな些細なことでも取り入れたいと思いますので、教えてください!
切実です。
自信を失っています。