カテゴリ:
スポンサードリンク

はじめに


骨粗鬆症性椎体骨折のおそろしい点のひとつに
骨折の負の連鎖
があります。

具体的には、この症例をみてください。

44


椎体骨折の負の連鎖


あれよあれよと椎体骨折が生じています。
みるみる椎体が楔状化し、脊柱管が狭窄しています。

腰椎なので後弯変形が乏しいのが不幸中の幸いです。

しかしL1椎体は、椎体内にクレフトが形成され、
後に立位で後弯変形をきたすようになったため、
BKPを行いました。

骨折の連鎖が始まったため、PTHの治療を導入しました。

骨粗鬆症の治療には医療者側の熱意と患者側のモチベーションが大切


このスライドを患者さんにお見せすると、
みなさん理解してくれて、骨粗鬆症の加療をがんばってくださいます。

骨粗鬆症は症状として目に見えにくいので
治療継続するためには、
医療者側の熱意と患者側のモチベーションが大切
と感じています。

骨折を起こさないように加療していくことが一番重要です。
不幸にして骨折してしまった場合は、
負の連鎖が起こっていないかどうか
定期的にフォローしていくことが大事です。

まとめ


骨粗鬆症性椎体骨折は、痛みのため、多くの患者さんが苦しんでいます。
安静を余儀なくされるため、骨折がよくなって痛みが改善したとしても
その時点で準寝たきりになってしまうこともあります。

地域連携や、骨密度検診など、いろいろ改善していきたいと思っています。







スポンサードリンク