カテゴリ:
スポンサードリンク
ファイル 2016-05-11 17 45 26

はじめに


医者という職種は
自分の病院内だけに留まって仕事していると
自分のレベルを誤ってしまいがちです。

ピラミッドのてっぺんに居るみたいな感覚になって、
つまり自分が一番できる、って大きく勘違いしてしまうのですね。

それでスタッフを下に見ていく傾向があります。

スタッフには、その医師が行っている医療が
どのくらいの質なのかは、なかなか判断がつかないものです。

(医師の性格や診療態度の良し悪しはスタッフに聞けば、はっきりわかります)

井の中の蛙にはなりたくない


井の中の蛙にならないようにするにはどうすればよいのか。

病院外の交流を行うに尽きると思います。

他流試合とでもいうのでしょうか。

ディスカッションをして、人脈を増やし、
自分の医療レベルや立ち位置がどのくらいなのかを認識するのです。

交流の場を求めて


そのためには積極的に研究会や学会に参加して、諸先生に教えを乞うとよいです。

他の先生方や、施設のよいところを取り入れるように努力することが大事です。

魅力を感じた先生に、見学に行かせてもらえるようにお願いします。

「見学させてください」
「勉強させてください」

とお願いされて、嫌な気持ちになる人はなかなかいないものです。

きっと医師に限らず、他の職種の方々にも通じる事なのではないかと思っています。

組織全体がハッピーになる体制をつくりたい


自分たちも勉強になってハッピー
相手も医療の質が認められ、広がってハッピー
お互い交流が図れてハッピー
患者さんもよりよい医療が受けられてハッピー
病院の評判もあがってハッピー

そんな、体制が出来上がってくれば非常に嬉しいです。

今日も明日も、明後日も!
頑張ろう!!