カテゴリ:
スポンサードリンク
朝回診に行くと、昨晩の腰椎術後の患者さんが腰が痛くてたまらないとの訴えがありました。

夜間に疼痛の指示でPCAをプッシュして対応しておりました。

腰が痛いとおっしゃいますが
どうも創部ではないようです。

コルセットを外して患者さんの指差すところを見ると
ドレーンがくいこんでいます!

あわや褥瘡。。。

コルセットに食い込んで痛い、ということだったのですが、
PCAをプッシュするのではなくって、観察してほしいなと思いました。

看護師の心理は、
・指示がないのにコルセットを勝手に外してはいけない
・付けておいたら安心
・疼痛は指示通り
ということのようでした。

術後の患者さんの心理としては
・ドレーンがあることはわからなかった
・コルセットが苦しいとか、当たって痛いのはある程度仕方ない
ということでした。

もちろん、間違っているわけではありません。
しかし、、、なんとも寂しい話に感じませんか?

で、一度入院体験みたいなことでもしたらどうかな、とも思いました。
(ちなみにわたしは肘部管症候群と肺炎での入院歴&オペ歴があります(笑))

それと、これまでわたしが訓練を受けてきた施設では
腰椎術後はコルセットをつけておくのが当たり前でしたが
もしかしたら、つけない施設もあるのかな、と思った次第でした。

ただ、術後にかぎらず、コルセット装着に関しては
キャストではなく、わざわざ着脱式のものを用いているわけなので、
各勤で一回くらいはせめて皮膚にトラブルがないかどうかチェックしましょうね、
という話になりました。





スポンサードリンク