カテゴリ:
スポンサードリンク
医師としてしっかりキャリアを積むべく学術活動を実践していると
どうしてもお金の壁を乗り越えなければなりません。

学術活動にはほんとうにお金がかかります(涙)。

たとえば、わたしの脊髄脊椎病の領域では
整形外科では日整会に所属していますし
脳外科では脳外学会に所属しているはずです。

日整会 
会員数: 24,347名(平成28年4月1日現在)  
年会費;14,000円
学会参加費;事前登録22,000円、学会期間23,000円

脳外科総会
会員数: 9,475名(平成28年4月1日現在) 
年会費:20,000円
学会参加費;20,000円

脊髄脊椎病学会 
会員数;3757名 
年会費;15,000円
学会参加費;20,000円

日本脊髄外科学会
会員数;1279名 
年会費;12,000円
年会費;15,000円

参加したときの交通費、宿泊費などの出張費もばか高いです。

さらにわたくしの所属学会は
インスト、パラプレジア、JPSTSS、内視鏡、骨粗鬆、
脊髄ジャーナル、AO、NASS
など、、、

う〜ん。
お金がいくらあっても足りませんよね、、、

実際昨年の確定申告では約100万円強の出費でした。
学会旅費交通費 618,520円
学会・研修参加費 274,501円
諸学会年会費 133,397円
の合計1,026,418円

うえぇぇぇ〜〜〜って感じです。

給与所得者としては、給与所得控除という概算の経費として控除されているとはいえ、
出費は出費ですよね。。。
別枠として更に控除対象になればいいのですが、、、、

特定支出控除といっても、結局はみ出し分しか控除対象にはなりませんし。
(その年中の給与所得控除額×1/2を超える分)

源泉徴収をみると、無理無理。。。。

これらの学術活動は、自己投資のためとはいえ、実際に得た知識は患者さんに還元されますし、
ひいては病院経営にも反映されるものです。

この費用は、わたしの今後の生活にとっては固定費用です。

アカデミックワークを継続していくことが自分の使命と思っています。
ただ、この費用を出費という形にしたくないですよね。。。

わたしは、コレこそが民間病院だからこそできる契約更改になると思って
今年度の契約更改のときに思い切って相談してみたら、
領収書で証明できるアカデミックワークは
病院の経費として認めてもらえるようになりました(嬉)


年収でいえば額面には反映されませんが、約200万円近い年俸アップということになります。

これで資産形成にさらにはずみがつきます!!

☆☆☆当直のない生活をはじめました。