カテゴリ:
スポンサードリンク
PPS; percutaneous pedicle screwシステムを用いた
低侵襲なinstrumentationが次第に広まっております。

わたしは初代Sextantの時から使用しているため
それなりにPPSの進化の歴史を経験している節があります。

最近のPPSはエクステンダーがタブ式のものが流行していますね。

わたしの理解、経験では、
VIPER2のX-tab;DePuy、ジョンソン&ジョンソン
が最初だったかな、と。

シンプルで非常に使いやすく、PPSはVIPER2が一番と思っております。

なので、変性疾患の固定症例ではVIPER2をずっと使用しておりましたが、
ただそれだけでは手技の向上につながらないし
他社製品の特性がわからないし、
他の先生と意見を交換するときに少し寂しいので
時折他社製品も使用しております。

002


Voyager;メドトロニック
PRECEPT;NuVasive
ASSOCIA harp;京セラ
IBIS;日本エム・ディ・エム
など。。。

すべてタブ式です。

印象としてはいずれも、このVIPER2のいいとこどりの感があります。

しかしX-tabと異なるピットフォールがあることに気づきました。

わたしがX-tabの好きなところは
ロッド幅とロッドホルダーの接続幅が同一である
ところです。

ロッドをタブ穴に挿入して、ロッドの先端をスクリューヘッドに当てて
そのまま90度に筋膜を上に持ち上げるような感じで進めていきます。

ロッドを通していくと、ロッドホルダーも刺入部のスクリューヘッドをくぐり抜けるので
スイッチバックで戻します。

よって皮膚切開は全スクリューで同じ大きさでよいですし、
筋膜を巻き込んだ思い出はありません。

他社製品ではロッドホルダーとロッドの連結部に幅があって
スクリューヘッドを通りぬけないようになっています。

そうすることでセットスクリューとロッドの締結時に
確実にロッドの先端が出るように、しかも左右均一の長さが出る、
というメリットのようです。

よってX-tabよりもすこしロッド刺入部は皮切を大きくする必要があります。

X-tabではロッドがfasciaを巻き込みにくいのですが
他の方式ではロッドは筋膜を超えても、ロッドホルダーの連結部で筋膜を超えていないことがあって
ロッドを押し込めずに、fasciaの切開を追加することがありました。

小皮切にこだわることでfasciaをくぐらず、巻き込みの要因となってよくないです。

しっかりと指なりダイレーターなりで剥離しておくことが大切です。

X-tabではスクリュー刺入のときにできた小さな穴にすべてを通すことができたので、
あまり気にならなかったことですが・・・

「これ、fasciaぬけないなあ〜〜、使いにくいなあ〜〜」

と業者さんを困らせてしまいました。

いったん抜いて、fasciaを切り足すことで難を去ることができました。

やっぱり製品による操作のクセってそれぞれで、それなりにありますよね。

★★★
MIStに関わろうとしている脊椎外科医へ。手技に関する待望のバイブルが完成です。






スポンサードリンク