カテゴリ:
スポンサードリンク

はじめに


週末なので脊椎から離れて資産形成の勉強です。

何事も経験!!
と思ってFXをやってみました。

自分の勉強のための備忘録ですので読み飛ばしちゃってください(笑)

そもそもFxって何?


そもそもFXって
Foreign Exchange、外国為替取引
の略。

最近では「外国為替取引」というより「外国為替証拠金取引」を指し示すようです。

証拠金取引;
取引を行うときに相手に預かり入れる担保金

Fxは自分の資金を元手に、25倍までの取引が可能です。

つまり10万円の担保金で250万円分の取引ができるわけです。

仮に為替の影響なしに米ドル外貨定期預金/年の金利が1%程度なので、Fxは短期間で資産を増やせるわけです。

もちろんハイリターンともいえるのでしょうが、とってもハイリスクです。
これがレバレッジというやつです。

DMM証券でFx開始(ハピタス経由)


ということで繰り越したお小遣い貯金、10万円を口座に入金して、
米ドル/円で、43.690円の証拠金で
1Lot購入してみました。

口座はDMM証券がキャンペーンをしていたのでハピタス経由で開設しました。

DMM証券では、1Lotは10,000通貨のようです。

109円681銭のときだから、✕10,000通貨の
109万6810円の取引を10万円の資金でやっているということですよね。

ということで、÷10万で10倍のレバレッジをかけて取引していることになるな。

購入直後にギューンと111円近くまでドルが上がって、11000円くらいの利益がでたと思ったら、
ギューンと下がって、−4500円くらいになってます。

001


いったいなんなんだ、この世界は。。。

これがゼロサム・ゲーム!
あっという間に資産なくなりそう。。。

上がるも下がるも予想できませんもんね〜〜

ロスカットについて


ということで証拠金維持率いうものがあります。
担保として預かり入れた証拠金の金額から、現在の含み損を差し引いた割合のこと。

この割合が証券会社によって決められており、
ロスカットというのは、それが下回ったときに強制的に即座に決済が行われることです。

損失の拡大を防げますが、不利なポジションの取引になってしまいます。

DMM FXでは証拠金維持率が100%を下回った場合に追加証拠金が発生し、
そして50%以下になった場合にロスカットが適応されるようです。

本日のまとめ


資産がなくなったらゲームオーバー、退場です。

やっぱり単なるゲームですね。
しかもオソロシイ。。。

ゼロサム・ゲームとはよくいったものです。

このゲーム、楽しむことができるか??

ちなみに建玉可能額(たてぎょく、と読む)とは、
現時点で新規注文にあてることができる証拠金額。
純資産ー(建玉必要証拠金+注文証拠金)
です。

追記;2018.5.4です


実はけっこう楽しんでたりします。
2018年1月くらいまでレンジ相場で113円付近をいったりきたりしてたので、10〜30pipsくらいでちょこちょこ利益確定して楽しんでいました。
10万円が16万円くらいになったのかな。
そこに円高がやってきて、買いのポジションがあっという間にマイナスになりました。

105円?まだ下がるの?104円?という感じで、ほんとFxってすごい世界だと実感しました。

とりあえず、もともとがお小遣いの繰越し余剰資金なので、思い切って105円で1lot、104円に下がったときにさらに1lot買いポジションを立てました。

まあ、そのまま下がり続けたら、撤退を余儀なくされたのでしょうけど。

いま104円から109円までドルが持ち直してきています。
それに伴い、18万円くらいの含み益になりました。

そうなると、今度は決済のタイミングが難しいですね。

楽しめないな、、、と思っていましたが、けっこう楽しんでたりしますね。





☆☆☆☆☆管理人はセミナーを受講し、金融リテラシーについて人生が変わったと言っても過言ではありません。経済的な自由を獲得された自由きままな整形外科医さんの投資家マインドが余すこと無く記載してあります。




スポンサードリンク