カテゴリ:
スポンサードリンク
12

はじめに


この数年で海外に出張する機会が増えています。

これまで、
ウォン:韓国
タイ:バーツ:タイ
シンガポールドル:シンガポール
台湾:台湾ドル
ユーロ:EU加入国(フランス)
ポンド:イギリス
など出張で換金する必要が生じました。

今回はヨーロッパ、アイルランドに行く機会を得ました。

ロンドン経由でアイルランド入り。

ロンドンの通貨はポンド
アイルランドの通貨はユーロ
です。

外貨両替計算書を見てみたら


ただ旅慣れていないために、いつも計画的な行動がとれず、
お金については出国前や出国後に空港でバタバタ換金してきました。

今、帰国前に少し時間があるので、いろいろ領収書を眺めております。
外貨両替計算書を見てみますと、、、、

500ユーロ換金したのですが、

外貨金額:500ユーロ
為替レート:136.3086!!
円金額:68,154円

なんてひどい!!

いま、ゲーム感覚でFxを勉強しております。
Fxって楽しめるの?
この日、ユーロは132.5円くらいでした。

差額レートがべらぼうに高い!!です。

今まで、まったく無頓着で、関心なかったのですが、
これからは多少考えて行動しないと!!

海外出張での外貨換金事情を教えてください


ということで、ご一緒した海外学会慣れしている先生方に海外出張での換金事情を伺ってみました。

すると、空港やホテルでは換金しない方が圧倒的でした。

どのようにしているかというと

①現地でクレジットカードキャッシング
②外貨預金しておいて、口座から引き出す
③クレジット払い

そうなんだ、、、
③なんか、スキミングされそうで、なんだか、不安というか怖い感じもありますが、、、

いろいろ尋ねてみると、
ソニー銀行のSony Bank WALLETが便利
との情報を得ました。

日経スタイルに詳しいです。

ネットでいろいろ調べてみても、
クレジットカードのアフィリエイトサイトに飛ばされてばっかりで
不要な情報ばかり。
まったくわかりません。

マネーパートナーズというところでは
Fxで現受け、両替取引などというサービスができるみたいですね、、、
マネーパートナーズの現受けと両替取引とちらが得か
現受け:持っている買いポディションを決済せずに、そのまま外貨として受け取ること。
外貨両替:買い注文時のレートに1通貨あたり20銭(0.2円)の手数料が上乗せされた、両替レートで外貨へ両替すること。


本日のまとめ


どこでも誰でも、
みんな損したいわけなく、得したいので仕組みがほんと、複雑ですよね。

少し調べてみて実際の行動を報告したいと思います!

☆☆☆☆☆管理人はセミナーを受講し、金融リテラシーについて人生が変わったと言っても過言ではありません。経済的な自由を獲得された自由きままな整形外科医さんの投資家マインドが余すこと無く記載してあります。




スポンサードリンク