カテゴリ:
スポンサードリンク
前回の誤記の件でのお詫び、というわけではありませんが、、、


トライタニウムについて報告です。

トライタニウムが昨年夏に使用されるようになり、半年が経ちました。

このケージの威力に素直に驚いています。

この写真は術後6ヶ月の時点のものです。
ご覧のように、これまでPEEKで心配していた、ケージ周囲の変なガス像や、終板の嚢胞形成なくバシッと決まっています。
IMG_20180208_165208


トライタニウムが使用できるようになって、まだまだ初期なので、おもに骨質にあまり問題のない男性症例に対して用いていました。

このように順調な経過であれば、
次なる興味は
・骨質があまりよくない高齢女性ではどのような結果になるのか?
というところです。

おそらく本年度の学会ではトライタニウムの治療成績がいろいろな施設で報告されるでしょう。

BKPのinstrument併用での治療成績とあわせて勉強したいと思っております。

★★★
MIStに関わろうとしている脊椎外科医へ。手技に関する待望のバイブルが完成です。