カテゴリ:
スポンサードリンク
とぜん.001

はじめに


登録につまづいています(汗)

ちょっとしたお仕事をいただき、その報酬が海外から振り込まれることになったのですが、手続きが難航(?)しています。

「SWIFT code/BICを教えて。振り込めないよ?いい加減早くしろよ?ASAPだぞ?」

???

はたしてこの仕事って、わたしが適任だったのでしょうか、、、
こんなこともわからないんですよ?
血すじ悪いから、、、

そんなコンプレックスをネタにします。

SWIFT code/BICってなに?


ぜーんぶグーグル先生から教えてもらいました(笑)。

SWIFT:
Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication
日本語訳:国際銀行間金融通信協会

・国際送金業務を行う世界の金融機関はすべて、SWIFTコードをもっている。
・ひとつの金融機関にひとつのSWIFTコードがある。
・ほかSWIFTアドレス、BIC(ビック)コードと呼ばれることもある。
・国際送金などの際に相手方の銀行を特定するための識別コードの役割。

知らないですね、、、
海外から送金してもらうことなんてないですし。。。

ってことは、マイ資産形成バンクの楽天銀行にもSWIFTコードあるってこと??

・・・ありましたよ!
楽天銀行のSWIFT code!
すぐに検索されました。
スクリーンショット 2019-02-16 5.57.27

SWIFTコード:RAKTJPJT

ほ、ほう。。。そうなのか、、、
よくある質問なのだな。。。(汗)

スクリーンショット 2019-02-16 5.58.52

これを登録すればいいんだな。。。

海外送金が単純化できるそうな


SWIFTコードを使用することで、
「国際送金等の業務が正確かつスピーディーにできる」
そうです。

たとえば、、、
相手方の銀行を特定できれば、通常入力が必要な銀行名、支店名、口座の種類などの情報を省略し、受取人口座番号(口座コード)を入力するだけで送金処理ができる。

ということらしいのです。

本日のまとめ


たしかに最初の手続きのときに、それらしいことが書いてありました。
ABAがどうたらこうたら、、、とか、、、

「うん、意味わからん、次のアクション来るまで放置!」

ミーティングのときに、「銀行口座の登録がうまくいってません」って言ったの、わたしだけだったしなあ。。。

留学経験のある先生にとっては、こんなの単純作業の一つなんだろうな、、、

「次からは銀行口座登録くらい簡単にできるレベルの医師を選定するようにしてください」
とお達しがなされたら、すみません、それは、わたしのせいです。
本当に申し訳ありません(汗)。

関連記事