カテゴリ:
スポンサードリンク
とぜん2020.001

はじめに


LIFはわたしの世界を変えてくれた手術です。

最近ではお師匠さんにextracoelomic approachをご指導いただき、感謝しております。

スクリーンショット 2020-04-01 19.27.50


Extracoelomic approachは、比較的簡便で、安全でとても役に立ちますね。

ところが、それとは別に、センセーショナルな映像を拝見しました。

Juan Uribe先生の講義です。

「Prone Lateral Approach to the Lumbar Spine」
というタイトルです。

スクリーンショット 2020-03-09 20.20.25

スクリーンショット 2020-03-09 20.19.45


え〜!?腹臥位でLIF!?


スクリーンショット 2020-03-09 20.20.08

LIFは側臥位から腹臥位への体位変換に時間を取られます。

なので、PPSを用いた側臥位でのSingle position LIFは手術時間を大幅に短縮できます。

かといって、通常はスクリューは腹臥位で打つものなので、なかなか側臥位でPPSを打つという機会はとぼしく、不慣れです。

容易に習得できるというわけではありません。

そして側臥位でPPSを打つためには、いくつかTipsがあります。



なんと、腹臥位でsingle position LIFをやっております!

これはすごすぎる、、、

実は、わたし、つい先日もLIFのときに、背側のほうで分節動脈の枝からの出血に見舞われ、往生しました。

Cadaverだからハラハラすることはありませんが、実臨床で腹臥位のLIFを極めることができるのでしょうか??

本日のまとめ


先入観をもっていては、治療の進展はないかもしれません。

側臥位でのPPSは、それはそれはセンセーショナルでした。



腹臥位でのLIF。

これはこれで、センセーショナル、、、

皆様、どう思われますか??