カテゴリ

カテゴリ:学会

移行措置ですが骨粗鬆症学会の認定医になりました

カテゴリ:
001

脊椎診療の仕事をはじめてからだいぶ年月が経ちました。

と同時に、患者さんの年齢層も一緒に上昇していることに気付きます。

手術を始めた当初のときより比べると平均年齢は10年くらいは上昇しているのではないでしょうか?

その結果、以前よりも骨が脆弱な患者さん、すなわち骨粗鬆症の患者さんを手術する機会が増えていることを実感します。

脊椎脊髄外科専門医試験受験資格の「おはがき」が届く

カテゴリ:
IMG_4812

つい先日、
サブスペシャリティとしての脊椎脊髄外科医の方向性
を記事にしました。

一般社団法人日本専門医機構が組織され、2016年7月から新体制が稼働し、
日本脊椎脊髄病学会と日本脊髄外科学会での統合された認定医試験が開始されることとなったのです。

記事を記載したときは、日本脊椎脊髄病学会からしか検索できませんでしたが、
現在は日本脊髄外科学会のHPからも検索できるようになっております。

カテゴリ:



はじめに


学生や、研修医に質問される、脊椎外科医になるための方法をまとめました。

まず、脊椎外科専門医はサブスペシャリティの専門医として位置づけられております。

サブスペシャリティの専門医とは、
より専門性の高い2階建て部分領域の専門医
のことです。

基礎となる1階部分の専門医を取ってから、2階部分の脊椎外科専門医を取得する、という構造です。

そして、脊椎外科医専門医を取得するためには、2つの方法があります。

脊椎外科医専門医を取得するためには、2つの方法


ひとつは、整形外科専門医→日本脊椎脊髄病学会(JSSR)の認定医
もうひとつは、脳神経外科専門医→日本脊髄外科学会(JSR)の認定医
です。

まず、1階部分で、整形外科が脳神経外科のどちらかの専門医を取得する必要があるわけですね。
そのあとに、それぞれの科の中で、2階部分の脊椎脊髄診療領域の専門医を取得する、という手順が必要になるわけです。

つまり、脊椎診療には、整形外科出身と脳外科出身の認定医が混在しているわけです。

あくまで個人的な印象ですが、
つい10数年前の学会では、
共存などありえない!!排除!!
というような雰囲気を感じておりましたが、
ここ数年は、交流の場がどんどん増えてきて、
患者のため、社会貢献のため、お互いを尊重しあい補完しあって、お互いが特異とするスキルを高め合おう!!
といった雰囲気に変わってきていると感じています。

カテゴリ:

はじめに


わたしのブログの中には、学会に参加することの意義をいくつか記事にしています。

わたしにとって、学会に参加することの良さは
診療から画像診断、手術に対する注意点などいろいろ勉強できるし、
それに刺激されて新しい臨床研究のスイッチが入ることです。

ただ、それは日常診療や論文を読むことでも可能といえば可能です。

では絶対に体験できない、学会ならではの良いところはなんでしょうか。

それは、懇親の場、です。

SpineConnectの活用をみた

カテゴリ:
わたしはNASSの会員になっております。

NASS; North American Spine Society
北米最大の脊椎外科学会です。

といっても、年会費さえ払えば会員でございます。

年会費は275$。
現在の相場でいえば31165円くらいでしょうか。

会員になれば、Spine JournalをPDFで閲覧&ダウンロードできるようになります。

Spine Journalのためだけに年会費を払っているようなものです。
いえ、本当のことをいうとNASSに参加したくて、もがいているのです。。。

ところが最近同僚がSpineConnect論文作成前に症例を投稿して
治療のアドバイスをもらった、いう話を伺いました。

002

カテゴリ:

はじめに


骨粗鬆症の加療が重要な点は論をまちません。

現在の骨粗鬆症性椎体骨折の治療の目標ラインは
・骨折が癒合すること
のみならず、
・至適なアライメントでの癒合をめざす
・続発性の骨折を防ぐ

といったところまでが求められています。

治療薬に関しては、
さまざまなビスフォスフォネート製剤の登場だけでなく
PTH製剤、抗RANKL抗体製剤が登場しました。

さらに将来は抗スクレロスチン抗体の製剤まで登場してくる予定です。

治療患者さんにはDXAだけでなく、
骨代謝マーカーで治療効果のチェックもできるようになりました。

やっぱり便利です。学会用ポスターの配送サービス。

カテゴリ:
image


はじめに


力不足で、ポスター発表が続いております(涙)

ポスターはどのように作成しておりますか?
いろいろな方法があるかと思いますが、
わたくしは、keynoteで作成してそれをイメージで書き出したあとに
パワーポイントにはりつけていく作業で作成しております。
忘れてしまう、学会用ポスターの作り方。
口演のプレゼンをそのまんま書き出してはりつけるのではなく
ポスターの見栄えように作成していくのがポイントです。

ポスター印刷は宿泊ホテルにお届けしてくれる業者に頼むのが便利。

カテゴリ:
image

はじめに


学会で発表し続けること
わたしは、臨床力をアップデートし続けていくために
これが一番大切なことだと思っています。

普段の仕事だけでは多忙なだけで終わってしまい、
なかなかモチベーションを維持することができないからです。

多忙なりに時間を工面して、学会で発表し続けることで、
普段の診療に生きる刺激を得ることができます。

最後の目標は、これらをなんとか論文化につなげて、
社会貢献することです。

カテゴリ:

はじめに


英語でのプレゼンはじつは、原稿があるので多少は大丈夫です。

英語を丸暗記して、途中つっかかりながらプレゼンするよりも
スライドと原稿を一致させる
ポインタで指さなくてもいいように
原稿に聴衆の目を移動させるフレーズをいれる

などの工夫をして、合間合間にアイコンタクトを行って
一息いれながら原稿を読んだほうが演者にとっても楽だし、うまく伝わるように思います。

心配なのはその後、、、
質疑応答ですね。

自分の実力での質疑応答で行っている準備をまとめます。

英語原稿の音読練習の方法

カテゴリ:

はじめに


英語口演のscriptの校正が返ってきました。

さすがnative視点です。
こちらが気がつかないような言い回しに校正してくださいます。

In spite of→Despite
after→following
But→However

experience→encounter
show→present
show→demonstrate

え?この程度なら気づく?

すみません。
わたし、こんなレベルなんですよ(涙)。

他にも前置詞とか時制とか、冠詞だったりとか、、、

もとの原稿はどこへやら。。。

このページのトップヘ

見出し画像
×