カテゴリ

カテゴリ:アイテム

異なる道場に見学に行き、学ぶ。新しいコブが届きました。

カテゴリ:
001

はじめに


近年の脊椎領域での手術手技の発展はすさまじいものがあります。
新しい技術により、新しい手技が産まれ、新しい道具が次々に出てきます。

刷新されてしまった途端、これまでの手技が旧式となってしまいます。

ただ、変わらない道具たちもあります。
道具は先人たちの工夫の塊で、知恵の結晶です。

自分もなにか世の外科医に役立つ道具を作りたいと思いますが、
不便に思ってもそれを解決する形になかなか具体化できないんですよね。。。

LIFアプローチでの術中止血のマストアイテム

カテゴリ:

はじめに


XLIFやOLIFに代表される低侵襲椎体前方アプローチでは
術中分節動脈からの出血の対策を十分に講じておく必要があります。

裂けた中枢端が腹部大動脈の方へ引き込まれると止血のしようがありません。

想像するだけで恐ろしいです。

出血の予防と止血のための準備についてまとめます。

手術で愛用する、こだわりの硬性小物ってありますよね

カテゴリ:
現在の施設での苦労の一つが硬性小物が揃っていないところです。

これまで脊椎手術を行っていなかった施設なので
当然といえば当然なのですが、、、

整形や脳外科、他科の手術道具で代用できるものはないか?
といろいろ試行錯誤しているのですが、、、

どんな筆でも達筆!
というわけではありませんので、道具がなければやはり困ります。。。

ところで硬性小物、これはトリビアが多い分野です。

アクアマンティス(Aquamantys)って知ってますか?

カテゴリ:

はじめに


アクアマンティス;
Aquamantys®-System
を知っていますか?

先日、某大学付属病院に手術見学に伺ったときに目にしたバイポーラシステムのことです。

メドトロニックが扱っております。

インターネットで調べると、ゲーム?
「剣と魔法のログレス」っていうゲームのモンスター?
がヒットして驚きました(笑)
水蟷螂(ミズカマキリ)
のことのようですね。
IMG_2601

中空スクリューの下穴作成に、Jプローブが俊逸すぎた!

カテゴリ:

はじめに


これまでも記事にしている通り、
わたしはMISt: Minimally invasive spine stabilization手技者です。

経皮的椎弓根スクリューに代表される手技ですが
初期のSEXTANT®(Medtronic)から導入しております。

現在はViper®2 (DePuy Synthes)をメインに使用し、
Longitude® (Medtronic)を主に外傷に用いています。

MIStの波はすさまじく、各社から非常に多くの製品が発売されて
乱戦混戦状態です。

カテゴリ:

はじめに


ITの進化って本当にすごいと思います。
いちばん感じることは情報量の多さですね。

溢れてくる情報のすさまじい量。
溺れますよね。

わたしたちは、溢れてくるその情報に対して
必要なもの、不必要なもの、と瞬時に選別して
どんどん排水口に流し込んでいきます。

よって、現代は、
自ら情報を得ようとする人と、情報に対して完全に受動的な人とで
どんどん情報の格差が生まれている

と感じています。

頸椎椎弓根スクリュー刺入の考察

カテゴリ:

はじめに


頸椎椎弓根スクリューでの固定は
脊椎外科医にとって重要な治療のオプションのひとつであると考えています。

安易に行ってはなりません。
合併症が、即致命傷になるためです。

①Cadaverでのトレーニング、
②手術の見学、
③術者と一緒に行う
というステップを何回も繰り返さないといけないと思います。

オススメの腹臥位マット SR✕Ⅱ Prone

カテゴリ:

はじめに


脊椎手術は腹臥位で行うことが多いです。

当然といえば当然のことですね。

現在の施設には腹臥位症例がほとんどなかったことにより
脊椎手術用4点支持テーブルはおろか、腹臥位用の適切なマットすらありませんでした。

そして、今回新しいマットが届きました。

これが、非常にしっかりしたマットなのでご紹介します。

001


開創器Quadrantを使用してみて

カテゴリ:
当施設、実は開創器もまだ十分にありません。
Old fashionなゲルピー開創器くらいはありますが、
これで低侵襲手術ができるわけありません。

Medtronicに尋ねると、開創器のデモは4回までOKとのことでした。
そこで、まずMAST QUADRANTを使用してみました。

メドトロニックQUADRANT手技書カタログより001


MIS-TLIF用で、傍正中いわゆるWiltseのアプローチならぴったりでしょう。
カタログや手技書にもそう記載してあります。

今回用いた片側進入両側除圧術では
◯ 傍正中からの侵入なので、棘上や棘間の靭帯への侵襲がほぼない
  侵入側の除圧は容易

しかし反対側になると、、、
✕ 開創器の筒の部分が邪魔してうまく骨を削れない
 開創器の筒が邪魔にならないように、開大させようとすれば
 さらに皮膚切開の延長が必要
 開創器を傾けようとしたけど、椎弓棘突起移行部が邪魔してなかなか傾けられない
 内側にかける開創器にもスパイクがついていて視野を遮るので邪魔

いま、思えば、傾けるときに開創器をすこし抜いてから傾ければよかったかな、と。
しかし開創器が浮くので、その分は手の置き場に困るかもしれません。

一回目ですぐに簡単に使用できて、
これはいいね!何にでも使えるユニバーサルな開創器だね!!
という感じにはならなかったです。

しかし、4回デモができるとのことで、次回も使用してみたいと思います。

次回の使用予定は、すべりを伴うMIS-PLIFです。
また感想を述べたいと思います。

脊椎手術用の骨ノミ、両刃と片刃の好みと使い分けのまとめ

カテゴリ:
脊椎手術においての骨ノミについて考えています。

顕微鏡手術下では、いくら刃先が小さくても、柄が大きいとダメということを
前回、嫌というほど認識させられました。

ムラナカの板状骨ノミ、もしくはミズホの板状骨ノミ。
これが馴染みで使いやすいです。
ムラナカはBONIMEDというシリーズでした。
なんの造語?
骨と、、、医療?
1本8000円とのこと。

このページのトップヘ

見出し画像
×