カテゴリ

カテゴリ:アイテム

もう戻れない。。。プラチナエリートの魔力。

カテゴリ:

はじめに


9〜11月は学会シーズンです。

出張が重なり、疲れがちですが、勉強のため。仕方ありません。

などと言いつつも、今回は、クラブフロアの記事になります。

今までは、学会会場と宿泊会場が一緒であるときは、なるべく会場ホテルを押さえるようにしておりました。
移動や途中休憩など圧倒的に楽だからです。

最近は、クラブフロアなるものを体験してしまい、完全に趣向が変わってきました(笑)



クラブフロア、、、
最高すぎる。。。

知られざるモバイルバッテリーの世界。

カテゴリ:
IMG_20180930_131147

はじめに


出張のときや、趣味のキャンプのとき、電源がないとスマホの充電がすぐになくなってしまいます。

出張のときは移動中くらいですが、キャンプは連泊すると、さすがに充電がなくなります。
誰とも連絡がとれなくなるのは仕事上にもとてもまずいことです。

北海道地震の際、停電にも関わらず、携帯がつながっているおかげで、テザリングを用いてネット上での仕事が可能でした。

さらに安否情報の登録やSNSでの状況把握など、スマホでの情報収集が必須であるため、電源が有ることのありがたさを痛感します。

今回、そのようなこともろもろ考え、モバイルバッテリーを購入することにしました。

カテゴリ:

はじめに


手術を行っていると、手術工具にいろいろな不便を感じることがあります。
とくに、
・異動して施設が変わったとき
・他施設に手術応援に行ったとき
などは環境がかわることで、否応なしに手術道具が変わるため、温故知新を得る感覚になることもありますよね。

あ、こんな時、こういう道具があったらな
この道具は、こんな形になっていたほうが使いやすいな
などのアイデアがひらめくことがあります。

頚椎前方プレートがだいぶ薄くなった、メドトロニックZevo

カテゴリ:

はじめに


頚椎前方プレートにはメリットとデメリットがあります。

メリット
・ケージの脱転予防
・初期固定の獲得
・偽関節発生予防を期待
・アライメント保持
など。

デメリット
デメリットは重篤なものばかりです。
・手術時間もプレートの手間分必要
・頸長筋の展開もそれなりに必要
これらは
・咽頭の違和感
・嚥下困難
などにつながります。
しかし、それ以上に困るのは、
プレートのずれ
スクリューのバックアウト
です。

これらは最悪、食道や気管に損傷・瘻孔を起こして、大変な状況に陥るのです。

C arm使用のときの術野を清潔に保つために。ムラナカのC armor

カテゴリ:

はじめに


今日は、C-armカバーについて記事にしたいと思います。

以前、LIFのときに、側臥位でPPSが打てたらなあ、、、と願望の記事を書きました。




それが、期せずして、すぐに叶いました!!

なんと、大学の先生を招聘して、側臥位でPPSを打つポイントをご指導いただく機会を得ました。

ブログの力はすごいですね!

願いはブログで記事にすると叶うのかもしれません(笑)


頚椎椎弓根スクリュー刺入にキャリパーは必須のアイテム

カテゴリ:

はじめに


ここ最近、頚椎後方固定を2例続けて行う機会がありました。

固定にはなるべく椎弓根スクリューを用いるようにしています。
CPSは自分なりの無理のない範囲での基準をつくって望むことが大切です。

2例とも無事に椎弓根スクリューで固定することができました。

CPS刺入は、
術前の計画と、
・その計画とおりに遂行するための術中の測定
がとても大事です。
001


こんなのが欲しかった!ロッド設置のためのブレード。アルファテック。

カテゴリ:
PPS刺入のとき、あるいはロッドを挿入しているときに、
筋膜を巻き込んでしまう
ことがあります。

皮膚にえくぼができるんですぐにわかります。

タブ式の隆盛で、皮膚切開がどんどん小さくなっていることに原因があるのではないかと思っています。




トライタニウムのケージ間癒合

カテゴリ:
前回の誤記の件でのお詫び、というわけではありませんが、、、


トライタニウムについて報告です。

トライタニウムが昨年夏に使用されるようになり、半年が経ちました。

このケージの威力に素直に驚いています。

お詫び:トライタニウム®、サイズを誤って認識しておりました。

カテゴリ:
なんと、機器メーカーさんの中にもこのブログをご覧頂いている方がおられるみたいです。

どうもありがとうございます。
ありがたいことです。

ただ、普遍的にすべての機器を使用しているわけではないし、わたしの手技上の偏りというか好み、癖というものがあるので、あくまで私見ばかりです。。。
ご容赦ください。

ということで、ストライカーのメーカーさんに記事の誤りについて指摘を受けました。

「トライタニウム、11mmもありますよ!!」

問題の記事はこちら、、、(訂正しました)

PLIFケージ、ストライカーだけでなく、メダクタも使っているんです。

カテゴリ:
再び、メダクタの回し者ではありませんが(笑)、せっかくですので、Mecta-C紹介ついでに、
メダクタのPLIFケージも紹介いたします。



結論から言うと、好きなんです。
繰り返しますが、COIはありません(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×