カテゴリ

カテゴリ:自己啓発

新しい知識を得るために続けていること

カテゴリ:
IMG_5475


学会活動と論文


新しい知識を得るためには、
教科書を読み込むことは大前提ですが、
①学会に参加する
②論文を読む
という方法が重要でしょう。

そしてさらに、自分のステップアップにつなげていくには、
①学会に参加する
→自分自身が発表者になる
②論文を読む
→自分自身で論文を書く
③教科書を読み込む
自分自身が教科書を書く
でも、これは業績のない自分にとってハードルが高いですね。。。
というか無理ですね。。。

カテゴリ:
8月末にブログを開設し3ヶ月になろうかとしております。

ブログ開設のきっかけは自分の異動が決まったことです。
・脊椎診療の立ち上げで独りよがりにならないよう多くの方と交流したい
・普段頑張っている近況をこれまでの施設の親しい方々へ報告したい
と思いました。

記事は
雑感だったり、看護師さんの質問の答えだったり、リハスタッフに対してだったり
自分自身の反省だったり、研修医へのアドバイスだったり
まとまりがないのですが、
総訪問者数が1000人を超えました。
応援くださり誠にありがとうございます。
励みになります。

これからもまとまりのない話が続くでしょうが
何か、役に立てること、をテーマに頑張ります。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
感謝感謝です。

情熱が産み出すもの。ノーベル賞山中教授の講演。

カテゴリ:
58


今回参加した学会のメインイベントです。

ノーベル生理学・医学賞を受賞された山中伸弥教授の講演です。
学会のプログラムを見た時に、絶対に行こうと思っていました。
大興奮です。

山中教授は実は整形外科医です。
「脊髄損傷はどんな優秀な外科医でも治すことができない
基礎医学研究をもって治療に導くしかない」
研究者転向のきっかけが脊髄損傷にあることは非常に有名なエピソードです。


おすすめです。出張の機会に手術の見学をすること。

カテゴリ:
image

はじめに


手術見学は非常に勉強になります。

わたしは学会出張などの機会を使って、なるべく時間をつくってその地域で勉強したい先生の手術を見学に行くようにしています。

とてもモチベーションが上がるのでオススメです!!

学会で学べること


学会に参加して学べることは、自分の興味あるところです。
だいたいわたしの興味はこんな感じです。

・画像診断の話
・診療に生きる話
・手術に対する注意点

いろいろ聞くことができ、
新しい臨床研究のスイッチが入ります。

また後日、皆さんの日々のしごとに役立つことができるような記事にまとめたいと思います。
今回の大事な目的は手術の見学です。

カテゴリ:
NHHプロフェッショナル 仕事の流儀のホームページを閲覧していて
たまたま目についた
人工心臓開発 野尻知里 さん

エネルギーすごいです。
「夢に向かって挑戦し続けることが信念」
なかなか有言実行に移せないです。

著書がありました。
「心臓外科医がキャリアを捨ててCEOになった理由」

・医師
・39歳
・転職
というキーワードが重なり、
思わずワンクリックで購入してしまいました。

「心臓外科医」→「研究者」→「経営者」
と転身されております。

成功の鍵とはなにか?

このページのトップヘ

見出し画像
×