カテゴリ

カテゴリ:外来診療にて

カテゴリ:

はじめに


コンドリアーゼが2018年5月に薬価基準収載され,8月から発売されたことにより、患者さんへの説明用のパンフレットを作ることにしました。

パンフレットのひな形(自分としてはコレでいいだろうと安易に思ってました)をFace bookページで公開したところ、300人を超す方にアプローチして、驚いている次第です。

そこで、竹上先生から神コメントを頂きました。

感謝の気持ちと反省を込めて、記事にいたします。




外傷性椎間板ヘルニアの確定診断は難しい。画像診断の手がかりはあるのか?

カテゴリ:

はじめに


じつは外来で、外傷性頚椎椎間板ヘルニアと診断した患者さんがいます。

しばらく通院がなかったのですが、やっぱり届きました。

担当弁護士からの診断の意見書。。。

タイトル通りなんですが、椎間板ヘルニアを外傷性と診断することはほんとうに難しいんですよね。。。

そして、診断が難しい上に、さらに結果的に書類仕事が増えるのがわかっているので、積極的に治療に関わることに抵抗がある勤務医ばかりではないでしょうか。

腫瘍マーカーアップデート

カテゴリ:

はじめに


原発巣不明の転移性椎体腫瘍を疑ったときは、こちらで迅速に原発巣を検索しなければなりません。
その際にひとつの手がかりとして採血で腫瘍マーカーを測定します。

腫瘍マーカーの一覧をまとめました。

転移性椎体腫瘍を疑ったときの検査項目として、診療のご参考になれば幸いです。

脊椎診療において最も大切なこと。

カテゴリ:

はじめに


先日、骨粗鬆症の講演を拝聴する機会がありました。

演者の先生は整形外科医であり、ご専門は
手術としては、股関節外科、脊椎外科であり、日々の診療では骨粗鬆症診療もしっかり行っているというスーパードクターでした。

二足のわらじでなく、三足のわらじ。。。
正直実践されている先生はなかなかおられないのではないでしょうか。

素晴らしく大きなエンジンを搭載しておられます。見習わなければ!

IMG_20180413_135810


フレッシャー医師の多いこの時期は注意が必要ですね。

カテゴリ:

はじめに


001
頚椎症性脊髄症として頚椎MRIつきで紹介いただいたんですが、、、

診察室に入ってくる所作からいきなり、左足をひきずりながら歩いておられます。

(え?痙性歩行ちがうな・・・)

そして上肢の筋力をみると、挙上がままなりません。

いわく、「片半身の力が入りません、、、」

「・・・申し訳ないですけど、頭を調べましょうね」

カテゴリ:

はじめに


機会があってBertolotti症候群について調べなおしてみました。

Bertolotti症候群は、わたしの理解ではまれな腰痛疾患のひとつでしたが、
調べてみると案外、稀ではないのかもしれません。

カテゴリ:

はじめに


骨粗鬆症加療薬はどんどん進化しています。

・デノスマブ;プラリア(第一三共)、6か月に1回
・ゾネドロン酸;リクラスト(旭化成ファーマ)、12か月に1回

このような長期に効果が持続する薬剤を処方することで、心配な点があります。
それは、薬剤関連顎骨壊死についてです。




仙骨翼の疲労骨折を見逃すな!!

カテゴリ:

はじめに


若年者の腰痛診療において、注意しておかないといけないものに、疲労骨折があります。
代表格として「腰椎分離症」があります。
002


もうひとつ念頭においておかなければならないものがあります。

それはタイトルのように、仙骨の疲労骨折です。
003


カテゴリ:
つぎつぎに連鎖する椎体骨折症例が多発性骨髄腫であったことを経験しました。




以来、高齢者では脆弱性椎体骨折と区別がつかない多発性骨髄腫が紛れ込んでいるのではないかという恐怖にかられています。

多発性骨髄腫=血液疾患
という認識が強いですが、実際は多彩な症状を呈する全身疾患のような病態です。

多発性骨髄腫で初診から血液内科を受診する患者さんはほとんどいないそうです。

主訴のほとんどは腰痛、背部痛で、むしろ整形外科を初診しています。

カテゴリ:
2018年の診療報酬改正でオンライン診療科というものが新設され、オンライン医学管理料というものが算定されるようになります。



このページのトップヘ

見出し画像
×