カテゴリ

カテゴリ:腰椎椎間板ヘルニア

やはり困ったときはミエロCTを撮像するに限ると思う

カテゴリ:
MRIミエログラフィーが行われるようになり、
ミエログラフィー検査の有用性に賛否両論があります。

わたしはミエログラフィーならびにミエロCTは不要な検査ではないと思っております。

二重否定でわかりにくい文ですね。

ミエログラフィーは有用な検査であると思っています。

全例には行う必要はありませんが、診断の一つのツールとして用いています。

Disc-Fx®(経皮的ラジオ波椎間板焼灼・摘出術)の適応について考える

カテゴリ:

はじめに


腰椎椎間板ヘルニアに伴う下肢神経痛は非常に激しく
場合によっては救急車で搬送される場合もしばしばです。

即効薬がないところが非常にツライところです。

ただし、ほとんどの症例が内服加療と安静で改善します。

とくにプレガバリン(リリカ)の登場で、
腰椎椎間板ヘルニアを手術する機会が著減いたしました。

これは本当にすばらしい薬だと思います。

ただ、ある程度まとまった治療期間が必要なのがヘルニア治療の難点なところです。

脊髄造影(ミエログラフィー)は有用性を十分考えてから行う

カテゴリ:

はじめに


わたしは脊髄造影(ミエログラフィー)は大切な検査のひとつと位置づけております。

①内服加療で思うような改善が得られず、手術を検討する段階になった
②多椎間病変や他院手術症例、後側弯など脊柱変形などがある

①かつ②の場合には積極的にミエログラフィーで精査しています。

それ以外では有用性を十分に考慮する必要があると思います。
不必要な脊髄造影検査は行ないません。

脊髄造影、ミエログラフィー検査について興味ある記事を読みました。
腰椎の診断にミエログラフィーは欠かせない

まったく同感です。
最近の経験を記事にしようと思います。

今日の研修医の勉強会。椎間板ヘルニアの画像所見について。

カテゴリ:

はじめに


救急外来は画像所見の勉強の宝庫?
であることは間違いないでしょう。
不適切な表現ではありますが、、、

ありとあらゆる疾患の患者さんが来られます。

こ、こわい、、、

そんな気持ちなのでわたしには救急外来は無理でしょう。

顕微鏡下腰椎椎間板ヘルニア切除術を受ける方へ

カテゴリ:
腰椎の手術治療のひとつ、
顕微鏡下腰椎椎間板ヘルニア切除術についてまとめました。
いわゆる顕微鏡下Love法、Micro-Loveなどと呼ばれます。

腰椎椎間板ヘルニアを罹患している方は非常に多いですが、
80%以上は保存的加療で改善しますので、
安易に手術加療を選択せず、十分に加療を行ってみることが大切です。

                       

椎間板ヘルニアと診断された方へ

カテゴリ:
椎間板ヘルニアについてまとめました。
とくに、頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアについてです。

病態


椎間板は椎体と椎体の間を支えるクッションの役割を果たしています。
椎間板の中心はゼリー状の髄核で、周囲は線維輪と呼ばれる丈夫な靭帯様の組織で構成されております。

加齢現象や反復する負荷によって椎間板が膨隆したり、線維輪の亀裂から中身が飛び出したりして
周囲の神経に接触し、炎症をおこして痛みやしびれ、麻痺を生じてしまう病態が椎間板ヘルニアです。

飛び出しているだけでなく、椎間板のクッションの役割が損なわれると
上下の椎体骨同士がぐらぐらして不安定な状態になってしまうこともあります。

PELDの導入をめざします

カテゴリ:
2015年ももうすぐ終わります。

2015年に手術向上のためにがんばったことが2つありました。

ひとつはXLIFの導入
もうひとつはPELDの導入
です。

XLIFに関しては、2015年に関しては10例行うことができました。
スタッフもだいぶ流れを理解し、モニタリングから体位、手技にと、スムーズに行えています。
XLIF導入の私見 初期症例の適応

注意を要する腰椎椎間板ヘルニアのepidural migration

カテゴリ:
一般的に腰椎椎間板ヘルニアは予後良好です。
薬物療法などの対症療法で、だいたい約80%くらいは対応できます。

残りに、
痛みの改善が困難で、生活の質が低下してしまうため
手術を余儀なくされる方がいらっしゃるわけです。

今回の症例も同様にヘルニアによる腰痛、左下肢痛がありました。
入院で安静加療のもと、
改善可能かどうか見極めて、ダメなら手術しましょう、
と経過をみているさなかのことでした。
001


入院して8日目に、いきなり下記のような状態になりました。
①急激な、そして激烈な腰痛、臀部痛、下肢痛
②入院時の痛みとは比較にならないくらい痛みは激烈
③左下肢のみならず右下肢も
④さらにFHLの低下
⑤さらに膀胱直腸障害

なにが起こったんだ?
緊急でMRIを撮像すると、
髄核の大部分が硬膜外に逸脱して背側にまで回り込んでいるではありませんか?

ヘルニアの
PEM; posterior epidural migration
です。

002



入院安静中にこのようなケースが生じたのは非常にまれです。
救急病院にいると、すでに逸脱し、PEMを呈したケースが救急車で運ばれて来ることはあります。
その際は
鑑別として、
硬膜外膿瘍や、腫瘍、出血、juxta facet cyst
などが鑑別にあがります。

今回のように、PEMに陥ると重篤な神経脱落症状を呈します。

緊急で手術を行いました。
手術の難易度自体はとくに問題にはならないのですが、
排尿障害はまだ改善が得られておりません。

このような事態に陥ることが最初からわかっていれば
もっと早くに手術を行うことも可能なんでしょうが、
残念ながらPEMに陥る原因は不明です。
だからといって、予防的に手術を行うことになれば
予後が良好なヘルニアに対してover indicationになってしまいます、、、

今回は想定外の出来事で、たまたまなんです、、、
そういうことになるのですが、
そのまんま片付けてしまうのではあまりに進歩のない話です。

このようなケースは
症例の蓄積が大切なので、
どのような形でも必ずケースレポートにしたいと思っています。

アップルパイの味と外側ヘルニア

カテゴリ:
ファイル 2015-11-26 2 48 15


外来診療で嬉しかったことがありました。

それは患者さんが手作りのアップルパイを差し入れてくださったことです。

急性発症のL4/5の外側ヘルニアによる神経根性疼痛のため
体動がとれず、我慢しかねてついに救急車で来院され、そのまま入院となりました。

各種内服加療、仙骨裂孔ブロック、神経根ブロック、物理療法など
いろいろ行いました。
2週間くらいはほとんどベッド上での生活で、
すこしずつ痛みが軽減して身の回りのことができるようになってきて
4週間くらいでようやく自宅退院の運びになりました。

自宅療養中に、順調な回復具合をわたしに見せようと、
趣味の洋菓子つくりができるようになったと喜んで、
アップルパイを焼いて持ってきて下さったのです。

入院時の苦しそうな顔が、すっかり穏やかになり、

このページのトップヘ

見出し画像
×