カテゴリ

カテゴリ:徒然な雑感

ホテルのカフェで有意義に待ち時間を過ごす

カテゴリ:

はじめに


待ち時間の過ごし方にはいろいろなスタイルがあるかと思います。

私は時間ギリギリで滑り込みセーフ、っという状況に非常にストレスに感じてしまいます。

ドキドキソワソワしてハラハラします(笑)。

また、途中で何かトラブって約束の時間にたどり着けなかったとき、
大きな信頼を失うのではないか
という強迫観念にかかられます(笑)

だから、大抵、30分から60分前位に着いてしまいます。
そのあとで、ゆっくりコーヒーを飲みながら、心に十分なゆとりを持って過ごしています。

ただ、駅構内の喫茶店や某ハンバーガー屋さんなどを利用すると、
行き交う人々でとても雑多です。

そこで最近はホテルのカフェを利用しています。

ホテルカフェのいいところ


日本語入力はGoogle派?Mac派?マックの日本語入力の進化がすごい。

カテゴリ:

はじめに


諸事情で、マックを止むを得ず、新調しました。

今まで使っていたMacbook Airが新品のMacbook Airになっただけです(涙)

しかし、七転び八起きの精神で、何か知識のアップデートを。。。
そしたら、こんな便利な機能がありましたよ!!

知っている人は無視しちゃってください。

前回の記事
3本指タップで単語が調べられる!!
からのパート2です。

3本指タップで単語が調べられる!!

カテゴリ:

はじめに


諸事情で、マックをやむを得ず、新調しました。

Macbook Airが新品のマックブックエアーになっただけです(涙)

しかし、七転び八起きの精神で、何か知識のアップデートを。。。
そしたら、こんな便利な機能がありましたよ!!

知っている人は無視しちゃってください。

マックの辞書ツールがすごい!
3本指をタップするだけで単語の意味が調べられます!!


カテゴリ:


はじめに


医師人生、もしかしたら若手から中堅の域に入ってきたかもしれません。
まだまだ未熟で、若手、という気持ちなのですが(笑)

年齢だけは勝手に積み重なっていく、、、

しばらくEuro Spine 2017の紀行文が続いております。

とにかく海外学会は学ぶこと、感じたことが多くて充実感が半端ないです。

今回のエピソードは学会での出会いです。

カテゴリ:

はじめに


8時間の時差のため朝が早いです。

こんな経験は初めてです。

旅慣れていないのでとにかく時間の使い方がわかりません。

ということで雑感です。
完全にKindle Unlimitedのアフィリエイト入ってます。
不要な方、飛ばしてくださいね。

病棟の連絡事項はSNS系でできる?

カテゴリ:
じつは、先日幸運にも世界のオックスフォード大学での手術見学の機会を得ました。
この幸運に、本当に感謝申し上げあげます!
IMG_5538


患者さんが搬入される前のスキマ時間に、症例のディスカッションがありました。

いいなあ、と感じたところのちょっとした雑感です。

英語のやりとりで誤解がある可能性を否定出来ませんが(汗)

海外出張での外貨換金事情を教えて!

カテゴリ:
12

はじめに


この数年で海外に出張する機会が増えています。

これまで、
ウォン:韓国
タイ:バーツ:タイ
シンガポールドル:シンガポール
台湾:台湾ドル
ユーロ:EU加入国(フランス)
ポンド:イギリス
など出張で換金する必要が生じました。

今回はヨーロッパ、アイルランドに行く機会を得ました。

ロンドン経由でアイルランド入り。

ロンドンの通貨はポンド
アイルランドの通貨はユーロ
です。

外貨両替計算書を見てみたら


ただ旅慣れていないために、いつも計画的な行動がとれず、
お金については出国前や出国後に空港でバタバタ換金してきました。

今、帰国前に少し時間があるので、いろいろ領収書を眺めております。
外貨両替計算書を見てみますと、、、、

ありがとうございます。わたくしも整形外科カンファレンス必携をゲット致しました。

カテゴリ:
IMG_5470 2


わたくしは整形外科医のブログを愛読しております。

自分も勤務医のラットレースから脱却するために行動し、
少しずつ少しずつですが、前進している!
と感じています。

同僚のお誘いでセミナーを受講したのがきっかけです。
気付きのきっかけを与えて下さり、感謝している次第です。

さて

整形外科ファンファレンス必携をゲット!

駄ネタ、とのことでしたが、
わたしにとっては全く駄ネタではございません(笑)!!

そうだ、スーツを作ろう!(駄ネタ)スーツの保存の仕方。

カテゴリ:

はじめに


休日なので、脊椎診療から離れて、駄ネタです。

わたしはスーツを着る機会が非常に少ないです。
医師がスーツを着るときはどんな状況でしょうか。

・学会、講演
・冠婚葬祭

・・・あれ?これくらいしか思いつきません。

こんなわたくしですから、
これまでの3着しか購入しておりません。

①18歳のとき大学入学用に叔母から。みため黒っぽい紺色。フルシーズン。
②研修医2年目。紺色。薄手のもの。
③後覚えていませんが、30歳くらいのとき、かな?グレー。厚手。

体型はだいぶだぶついておりますが、
なんとか①の18歳のものも着れます(笑)

ところがある日、普通にクローゼットを開けたら、②のスーツが存在しません!!

妻「ボロボロだったから、捨てたわ。捨てる前に尋ねたでしょ?」

え!?そうだったけ?う〜ん、そうだったような・・・確かに。

③は厚手のものなので、
学会の多い春夏の時期、暑くてかなわん、どうするんだ、
ということでスーツを購入することにしました。

以前勤務していた地区にとっても評判のいい、オーダーメイド屋さんがあると伺って、
スーツを2着仕立ててもらいました。
image


そして、スーツの保存の方法について仕立て屋さんから丁寧にしっかり習いました。

カテゴリ:
研修医の勉強会のあとでしょうか?
プリントを発見して、
これは!
と思い、備忘録として載せておこうと思いました!

検体採取に関する10の心得です。
出典は
米国感染症学会・米国微生物学会「感染症診断のための微生物検査利用ガイドライン2013」
とのことです。

以下、プリントから抜粋します。

このページのトップヘ

見出し画像
×