カテゴリ

カテゴリ:頚椎椎弓形成術

頸椎椎弓形成にforaminotomyを追加するときは、チタンプレートの片開き式かな。

カテゴリ:

はじめに


単椎間でmyelopathyとradiculopathyの合併を考えるような症例は
基本的には前方アプローチで加療を行ないたいところです。

前回、甲状腺術後の症例に対して前方アプローチで行うことが非常に不安だったので
結果、後方アプローチで治療を行いました。
甲状腺術後の患者さんに対する頸椎前方手術の不安

甲状腺術後の頸椎について、どこかの会で前方アプローチの達人に聞いてみようと機会を伺っております。
とりあえず現時点では、自分の身の丈にあったプランだと思っております。

予定外の術中ポータブルは恥でも何でもないのだ!!

カテゴリ:
001
頸椎後方除圧術は初期に習得する基本的な術式です。
わたしは医師3年目に指導医より合格をいただきました。

しかし高位誤認というピットフォールがあります。

高位誤認に陥ったことはありませんか?

この点は頸椎椎弓形成術においては、あまり教科書には掲載されていないと思います。

なぜならば、
・C2は頚半棘筋の付着部なので展開していて間違えるはずがない。
・最大のC2のサイズから、間違えるはずがない。
・C1後弓を触れれば間違えるはずがない。

その通りかもしれませんが、

最近の頚椎椎弓形成術はチタンプレートに落ち着く

カテゴリ:
先日、頚椎椎弓形成術を施行いたしました。

頚椎椎弓形成術には片開き法観音開き法があります。
頚椎椎弓形成術を受ける方へ

椎弓の片側を蝶番にして開く方法が片開き法で
椎弓の両側を蝶番にして開く方法が観音開き法です。

電気屋で冷蔵庫の扉をみたらわかると思います。

フレンチドアと片開きドアがありますよね。

フレンチドア:冷蔵庫の両側が蝶番のようにして開くドア(観音開き法)
片開きドア:片側が蝶番になって開くドア(片開き法)
です。

001


高齢者の椎弓形成は、チタンプレートが安心

カテゴリ:
先日90歳の方に頚椎椎弓形成手術を行う機会を得ました。

症例提示


両手のしびれ、文字が書きにくい、両足のしびれ、平地でも支持が必要、というところで、
JOAでは9点です。
そしてここ3ヶ月くらいで悪化している自覚もあり
手術の適応はあるかと思います。

高齢なので、もしばらく内服で経過みてはどうかとも思いましたが、

foramoinotomyを併せて行うことができるのが片開き式椎弓形成の利点でしょう

カテゴリ:
14

頚椎症の診断で手術症例の紹介を頂きました。

約3ヶ月強の内服加療期間を経ても症状が改善しないため、
手術の適応は如何がでしょうか、ということでした。

病歴


比較的長い期間の両手1-5指、足底のしびれの自覚と
3ヶ月内服しても改善しない
左肩甲骨背部の痛み、前腕尺側から4指、5指にかけての痛みでした。

頚椎椎弓形成術を受ける方へ

カテゴリ:
頚椎の手術治療のひとつ、
頚椎椎弓形成術についてまとめました。

手術の目的


頚椎症性脊髄症のため、
・上肢や下肢のしびれや痛みが出現している
・箸やボタンを扱うようなの指の細かい動作がしにくい
・歩行がうまくできなくて階段の昇り降りに手すりが必要
・さらには平地でも杖が必要
・排泄の調整が困難となっている
ような場合に、内服加療によって症状の改善を試みるのですが、
どうしても改善が望めない場合
あるいは徐々に悪化している場合
は手術加療を行います。

このページのトップヘ

見出し画像
×