カテゴリ

カテゴリ:頚椎前方除圧固定術

Mini-Trach®扱える?

カテゴリ:

はじめに


頸椎前方除圧固定後の気道狭窄のトピックです。
これは緊急事態です!!

麻酔科の先生方の邦文を調べておりますと、Mini-Trachの有用性の報告が散見されます。

53



頸椎前方固定術後に発生した上気道狭窄に対する
経皮的輪状甲状靭帯穿刺チューブ(Mini-Trach Ⅱ)を介した呼吸補助の有効性
有宗睦晃ら 麻酔.2004.53


をご紹介します。

Mini-Trachの利点と欠点が非常にわかりやすくまとめてあります。

やっぱり頸椎前方固定は怖い。

カテゴリ:

はじめに


頚椎前方除圧固定術は、
頚部前面を切開し、気管や食道を避けて椎体の前面にアプローチし、
椎体間にケージと呼ばれる椎間板代替のものや自分の腸骨の一部を挿入して、
椎体同士がぐらぐらしないように固定する手術です。

脊椎外科医が行う手術の基本手技の一つです。
しかし基本手技だから、安全な手術というわけではありません。

ときに記事にしておりますが、やっぱり怖い手技です。

なにが一番怖いかというと気道閉塞です。

甲状腺術後の患者さんに対する頸椎前方手術の不安

カテゴリ:
甲状腺手術後に頸椎前方除圧固定を行った経験がありますか?

わたしは、2つの訓練施設で脊椎手術を修練しましたが、術者としても助手としても経験がありません。

頸椎椎間板ヘルニアで耐え難い痛み、しびれを生じている甲状腺術後の患者さんにおられます。

わたしの施設には耳鼻科医がいらっしゃいますが、甲状腺手術は行っておらず
相談ができませんでした。

頚椎前方固定術の気道関連合併症のリスク管理

カテゴリ:

はじめに


わたしたち脊椎脊髄診療科にとって非常に密接な医療ニュースが2つ流れました。
気道合併症関連のニュースです。

A病院は、頸椎の手術を受けた60代の男性患者の術後の管理体制に不備があり、
約1年8カ月後に合併症で死亡する医療事故が起きたと発表した。
病院は過失を認め、親族に賠償金4千万円を支払うことで示談した。

病院によると、男性は頸椎症性脊髄症の診断で頸椎の複数の骨を除去する手術を受けた。

アンカーC、ゼロプロファイルの頸椎前方ケージ

カテゴリ:
そういえば、ついにアンカーC(Stryker)を用いる機会がありました。

実は、ダネックのanatomic PEEK PTC;pure titanium coatingのケージに目が移って
用いる機会を逸しておりました。

以前、Anchor®-C、使いやすそうだという感想を記事にして、

初回に用いるには、
「骨質が悪くない、一椎体の椎間板ヘルニアによる頚髄症
そしてレベルがC4/5あるいはC5/6レベル」
が非常によい適応だろう、
とまとめました。

PEEKケージにチタンコーティングされるようになって

カテゴリ:

はじめに


脊椎の椎体間固定術において椎間板を除去して代わりにケージを挿入します。

昨今、本邦でよく使用されている材質は
PEEK;polyetheretherketone素材
ポリエーテル・エーテル・ケトン樹脂
です。

・芳香族ポリエーテルケトン樹脂の一種
・結晶性の熱可塑性樹脂に属する合成樹脂
・PEK; polyetherketone = エーテル結合とケトン結合を交互に配置した基本的な直鎖状構造を持つものがポリエーテルケトン
・PEEK; ポリエーテルエーテルケトン polyetheretherketone = エーテル・エーテル・ケトンの順に結合を配置したもの
・ 熱可塑性樹脂としては非常に高い耐熱性があり、耐疲労性に優れ、耐磨耗性や寸法安定性、耐薬品性にも優れている
・絶縁性や耐放射線性も優れている


わたしにはよくわかりませんが(笑)
設置する椎体の骨密度と近いという理由で使用していると理解しています。

Zero profileの頸椎前方固定用ケージ 

カテゴリ:
04

はじめに


わたしのお師匠様は頸椎前方固定術にあたり全例プレートを用いておりました。

普段からプレートのクセというかピットフォールに慣れておく必要がある
という方針でした。

頸椎前方手術に関しては、その方法を踏襲するのみで
これまであまり頸椎の前方除圧固定用のケージについて
情報のアンテナを張っておりませんでした。

頚椎前方除圧固定術を受ける方へ

カテゴリ:
頚椎の手術治療のひとつ、
頚椎前方除圧固定術についてまとめました。

手術の目的


頚椎の加齢性変化による骨の棘や椎間板ヘルニアのために、
頸髄の圧迫あるいは神経根の圧迫を生じて
・上肢や下肢のしびれや痛みが出現している
・箸やボタンを扱うような指の細かい動作がしにくい
・歩行がうまくできなくて階段の昇り降りに手すりが必要
・さらには平地でも杖が必要
・排泄の調整が困難となっている場合、

あるいは一側上肢の激しい痛みやしびれのために生活がままならないような症状が出ている状態で、
いくら内服加療を行っても改善が望めない場合
徐々に悪化している場合に
手術加療を行います。

頚椎前方除圧固定術とは、

このページのトップヘ

見出し画像
×