タグ

タグ:インプラント

カテゴリ:
BKP; balloon kyphoplastyとは、
骨粗鬆症性椎体骨折の治療法の一つです。

非常に低侵襲な治療であることが特徴です。

用いるのは専用の3-4mmの穿刺針なので
術後の傷には絆創膏で十分です。

メドトロニック社製のKyphonというシステムを用いて行う手技です。

これまではBKPは単独でしか用いることはできませんでした。
インプラントとの併用が禁忌だったからです。

ところが最近、その禁忌が削除された模様です。

頚椎椎弓形成術用のインプラントについて

カテゴリ:



はじめに


今回は、
後縦靭帯骨化症 (ossification of the posterior longitudinal ligament: OPLL)
による圧迫性頚髄症の頚椎椎弓形成術について記事にしたいと思います。

圧迫性頚髄症の手術のタイミング


圧迫性頚髄症に対しては、
投薬や安静加療などの保存加療で改善が得られず、症候がどんどん悪化していくような場合
に手術加療が選択されます。

OPLLにはK-lineが重要


OPLLにおいてはK-lineを参考に、前方アプローチと後方アプローチとを考慮すると思います。
001


このページのトップヘ

見出し画像
×