タグ

タグ:ケトプロフェン

カテゴリ:

はじめに


整形外科領域では外用剤の使用は必須であります。

ことにモーラスの需要はすごいですね。

聞けば、
世界を網羅する→モーラス
ということなのだとか。

ダジャレ!?
本当かどうかは定かではありませんが、需要はナンバーワンでしょう。

しかし脊椎外科や手の外科領域で
なんの考えもなしにモーラスを処方する医師はいない
のではないでしょうか。

というのは、ケトプロフェンには、頻度は低いものの、重篤な合併症があるからです。

それは
光線過敏症
です。
(製造販売業者の算出では,100万人あたり0.6から12.4とされます。
本当かどうかは定かではありませんが)

カテゴリ:
脊椎外科領域で出す処方は、そんなに多くのパターンがあるわけではありません。
薬についてよりも、湿布に代表される外用剤についてはよく質問されます。
最近は1回の処方に対する湿布の枚数が多すぎる?とレセプトでチェックされるなんて話も聞きます。

「そんなにたくさんの湿布は出せませんよ、、、」

すると、よくある患者さんの質問
「市販の冷湿布と温湿布どっちが効きますか?」
に対してですが、

このページのトップヘ

見出し画像
×