タグ

タグ:デュロキセチン

カテゴリ:
慢性腰痛症に代表される慢性的な痛みに対する治療は難渋します。

慢性腰痛症は発症から3カ月以上疼痛が持続するものと定義されております。

外来に来られる慢性腰痛症の方は往々にして
「〜年来、〜十年来の腰痛」
と問診票に記載されており、う〜ん、改善させられるのか?と思ってしまいます。

腰痛診療ガイドライン2012では薬物治療としては、

神経障害性疼痛と侵害受容性疼痛の違いって??

カテゴリ:

はじめに


疼痛管理は脊椎外科医にとって非常に重要なことです。

先日、神経障害性疼痛のガイドライン改訂の話題で、
トラマドールが弱オピオイドとしてオピオイドのくくりから抜けだして、
あらたに第二選択薬として分類されたことを
記事にいたしました。

ところで、神経障害性疼痛と侵害受容性疼痛の違いって理解できているでしょうか?

このページのトップヘ

見出し画像
×