タグ

タグ:フォルテオ

バイオシミラー、テリパラチドの後発、ついに出る

カテゴリ:
とぜん201903-.001

はじめに


テリパラチド。

脊椎外科医は全員が口を揃えて、こう言うと思います。

脊椎外科医の治療成績を変えてくれた薬剤だ、と。

椎体骨折の抑制効果のみならず、instrumentationに、多くの恩恵を受けたに違いありません。

フォルテオ®についに後発が出てまいりました。

テリパラチドBS皮下注キット「モチダ」

ただしくは商品名にもあるBS: biosimilar製剤です。

フォルテオ継続改善のため2つもの申す

カテゴリ:

はじめに


PTH製剤の登場は、脊椎外科医にとって、非常に大きなブレイクスルーでしょう。

明らかに椎体骨折の再発が少なくなりました。
それに加えて骨質の悪い症例に果敢に挑むことが許されるようになったと思います。
結果はまだまだ発展の余地がありますが、、

さて、そのPTH製剤のひとつである「フォルテオ」。

今日は、このフォルテオに2つもの申したいと思います。

骨粗鬆症性椎体骨折は、Stop at One: Make your first break your last!

カテゴリ:

はじめに


本日も3名の骨粗鬆症性椎体骨折の患者さんが新患でいらっしゃいました。
実は、3名とも既存骨折があって、再骨折でした。

ここで疑問がわきます。
骨粗鬆症加療はどのタイミングで行っているのでしょうか?

このページのトップヘ

見出し画像
×