タグ

タグ:手術見学

異なる道場に見学に行き、学ぶ。新しいコブが届きました。

カテゴリ:
001

はじめに


近年の脊椎領域での手術手技の発展はすさまじいものがあります。
新しい技術により、新しい手技が産まれ、新しい道具が次々に出てきます。

刷新されてしまった途端、これまでの手技が旧式となってしまいます。

ただ、変わらない道具たちもあります。
道具は先人たちの工夫の塊で、知恵の結晶です。

自分もなにか世の外科医に役立つ道具を作りたいと思いますが、
不便に思ってもそれを解決する形になかなか具体化できないんですよね。。。

組織全体がハッピーになる体制を作る

カテゴリ:
ファイル 2016-05-11 17 45 26

はじめに


医者という職種は
自分の病院内だけに留まって仕事していると
自分のレベルを誤ってしまいがちです。

ピラミッドのてっぺんに居るみたいな感覚になって、
つまり自分が一番できる、って大きく勘違いしてしまうのですね。

それでスタッフを下に見ていく傾向があります。

スタッフには、その医師が行っている医療が
どのくらいの質なのかは、なかなか判断がつかないものです。

(医師の性格や診療態度の良し悪しはスタッフに聞けば、はっきりわかります)

カテゴリ:
大学附属病院の手術見学にいきました。
執刀医は、数多くの論文を記載し、教育セミナーを行う御高名な先生です。

L5椎体骨折による後弯変形で生活が困難となった症例で
T10からS1のPSと腸骨スクリューを用いて、
L5 VCR+Ponte osteotomy
による
後弯変形を行いました。

PPSの手術での2面透視下の有用性を以前記事にしましたが、
ここでは完全にフリーハンドでした。

おすすめです。出張の機会に手術の見学をすること。

カテゴリ:
image

学会で学べること


学会に参加しました。

・画像診断の話
・診療に生きる話
・手術に対する注意点
いろいろ聞くことができ、
新しい臨床研究のスイッチが入ります。

また後日、皆さんの日々のしごとに役立つことができるような記事にまとめたいと思います。
今回の大事な目的は手術の見学です。

このページのトップヘ

見出し画像
×