タグ

タグ:AO分類

仙骨のU (H) shaped fractureはどう治療する?仙骨不安定骨折のまとめ

カテゴリ:

はじめに


仙骨の特殊な骨折に
U (H)shaped fracture
というものがあります。

これはいわゆるsuicidal jumper's fractureともいわれ
飛び降りなどの転落外傷に多いです。

みなさんは、どう治療していますか?

胸腰椎損傷を受傷された方へ

カテゴリ:
胸腰椎損傷のついての考え方、治療についてまとめました。
不幸にして背骨を骨折してしまった時に参考になればと思います。

病態


外傷により脊椎が骨折している状態です。
脊椎は体幹の支持をする役割と、背骨を通る脊髄や神経を保護する役割があります。
骨折してしまうと体幹を支えることができないのみならず神経まで損傷してしまいます。

MIStで破裂骨折をどこまで矯正整復できるか

カテゴリ:
MIStでは激しい破裂骨折に対しては矯正がなかなか困難なので
骨質のよい症例、とくに若年者であれば
シャンツスクリューを用いて矯正固定を行っていました。

ほんとについ先日シャンツスクリューを記事にしたばかりですよね。

MedtronicからSOLERA™のSASというスクリューをご案内いただきました。
SAS: Sagittal Adjusting Screw
スクリューヘッドの中に“スライドサドル”なるものが埋め込まれていて
そこが動いてロッドとつながるという代物です。

従来のPPSは、multi axial screwなので
スクリューヘッドの可動性を保つためには
すこし浮かせた状態で挿入を途中でやめなければなりませんでした。
挿入しすぎると骨と干渉してヘッドが動かなくなることがあるからです。
また、multi axialな分、ロッドの締結は容易ですが、
スクリューのヘッドが動くため力が伝わりにくく、矯正に不利でした。

001

シャンツスクリューでの矯正固定

カテゴリ:
20代前半の方の交通外傷です。
右下肢に若干のしびれ感がありました。

L1椎体にもごく軽度のwedgeを伴う椎体骨折を認めますが
問題はL3です。

L3椎体は圧潰が強く、後弯変形を呈しています。
骨片転位も起こっています。

AO type A 3-1の
imcomplete burst fractureです。
35
20150512_165708

このページのトップヘ

見出し画像
×