カテゴリ:
スポンサードリンク
先日のTrauma Instrument Set®(Medtronic®)の続きです。

術直後のCT変化


矯正整復の後の骨片の術直後の状態です。
脊柱管内を占拠していた骨片が椎体に還納されて、
いい具合に脊柱管内面積を改善させることができました。
001

術前のMRIにて一部硬膜外血腫があって、後縦靭帯の損傷が懸念されました。
矯正整復によるligamentotaxisが十分に効くかどうか心配でした。
そのため、二期的に除圧手術を追加する可能性もしっかり説明したうえでの手術になります。

外傷MIStの初期と現在


わたくしたちは、早期から
最小侵襲脊椎安定手術(MISt:Minimally Invasive Stabilization)
に注目し、手術に取り入れて参りました。
しかし、椎弓根スクリューを低侵襲に挿入できても、
矯正や整復が十分にできない
ことが外傷手術のデメリットでした。
可能な限り術中体位で整復して、その状態で固定していましたが、
システムが日々進化しており、従来の方法同様に整復できつつあります。

外傷MIStの今後の課題


しかし、課題も残っているのは先日postしたとおりです。
・このような不安定外傷において、
motin segmentを温存しfacet fusionを行わないのが正しいことなのか
・はたして、骨折椎体が癒合したのちにinstrumentを抜去できるのか

外傷手術後の多くは損傷した終板の椎間板にガスが生じて
椎間板の機能不全の状態になっている場合があります。
その状態で抜釘すると、動くゆえに矯正損失が生じるリスクがあります。
instrumentを永久においておく?それには抵抗がありますね。。。

まとめ


以上のように脊椎手術は、まだまだ発展途上で、
これからもどんどん進化していく分野です。
わたしは、これからもMIStで向き合っていこうと思います!