カテゴリ:
スポンサードリンク
とぜん2020.001

はじめに


わたしの医療現場でもマスクが不足して困っております。

4月1日に政府がウォッシャブルの(?)布マスクを各家庭に2枚ずつ配布するというニュースを見て、いわゆるネットのエイプリルフール大喜利かと思ってしまいました。

当時はズッコケそうになったんですが、今では、
「医療現場に適正にマスクが供給する流れを維持するための、医療者を守るための政策」
と理解しています。

それなら、どうして家庭用は布マスクでいいの?

その質問に対して、あんまり実はあんまりしっかりお答えすることができないので、調べてみました。

飛沫感染と接触感染で感染


COVID-19についても、いまわかっていること、対策の方法をざっくりでも知っておかないといけませんでした。

COVID-19感染経路は、主に飛沫感染と接触・経口感染で、空気感染は低かろうということです。

・飛沫は、せきやくしゃみで飛び出したしぶきで、直径は5um以上の粒子
重たいので床や地面にすぐ落下。

・飛沫核は水分が乾いたあとの粒子
軽いため、空気中をふわふわただよっている。直径は5um以下の粒子

飛沫でうつるのが飛沫感染、飛沫核でうつるのが空気感染、ということでよいようです。

マスクの知識.001


なので、いわゆる家庭用の布マスクには、自分が息を吸ったときに、小さな粒子やウィルスが入ってくることを避けることはできません。

そもそも隙間もありますしね。

ちなみに、SARS-CoV-2は、直径80~220nmの一本鎖RNAウイルスです。
マスクの知識.001


ということは、家庭用マスクの本来の目的は、
じぶんの咳やくしゃみなどの大きなしぶきを周囲に飛ばさないようにするものと
理解できます。

しぶきを飛ばして周りを感染させない


COVID-19の一番の問題は、感染しているのに一定数、無症状あるいは軽症の人たちがいて、これらのひとたちの移動によって、爆発的に感染が拡大していることです。

そのなかに不幸にして重症化し、死亡する方がおられるのです。

実際は、せきやくしゃみのような大きなしぶきだけでなく、会話(とくに大声)でとんだつばですら、ウイルスを含んでいる可能性が指摘されております。

宴会は当然として、休憩室での対面での食事や会話、受付業務や待合でも距離を保つことが大事とされます。

まわりに撒き散らしてはいけないのです。

すなわち、わたしたち全員に求められている新ルールは、自分が感染者で無意識にほかの人にうつしているかも、という前提での行動です。

なので、しぶきを飛ばさないようにマスクをすることはとても大事です。

SARS-CoV-2は付着後も数日は病原性が維持される


そして、なんといってもSARS-CoV-2の恐ろしさは、数日は病原性が維持されることです。

しぶきが飛んで、付着した部分、そこを触った手や踏んだ靴などで次に触ったところにまた付着、と次々に場所を移して数日は病原性を保ったまま生き残っているというのです。

ドアノブとかエレベーターボタンとか、顔や髪の毛など無意識に手が行く場所には、SARS-CoV-2が存在している可能性を考えて行動しなければならないです。

石鹸の洗浄やアルコール消毒ですみやかに破壊できるとのことなので、都度手洗い、消毒をしっかりしています。

換気も大事


・飛沫を飛ばさないようにマスクをする
・飛沫が飛んでこないように距離を保つ
・都度、手洗い
・ドアノブなど普段手が触れる場所のアルコール消毒
・顔や髪の毛を触らない
・公共のPCのキーボードカバー&消毒

そのほかに、いまわたしが大事と思って実践している予防策は
・何回も換気
です。

換気はかなり気を付けています。

SARS-CoV-2の空気感染の可能性は低いとは言われますが、エアロゾル(定義はよくわかりませんが)となってフワフワ漂っている可能性は否定できません。

換気を何回もすることで、そんな心配や不安を一緒に吹き飛ばしています。

本日のまとめ


マスクをすることで、まわりにしぶきを飛ばさないようにします。

行動を自粛することで、まわりにウィルスを運ばないように心がけます。

換気でウィルスを吹き飛ばします。

ふたたび、みんなで一緒に明るく過ごせる世界を目指してがんばりましょう。


ネットのない時代に日本に作ってくれた
Let Us Cling Together(ブライアン・メイ)
がほんとうに心に沁みます。