カテゴリ

カテゴリ:開業準備のための準備

有床診療所一般病床の入院基本料の最大化のための考察

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


開業にむけての勉強の続きです。

有床診療所は、病院と比べて
・医師の配置
・構造設備等の基準
などがゆるいということから、入院基本料はかなり低く設定されております。

原則として、医師の当直義務はないそうです(都道府県の立ち入り検査時に適宜指導)。

有床診療所の病床には
一般病床
療養病床
があります。

今日は有床診療所一般病床の入院基本料についてまとめます。

グーグルマップを活用して患者さんや近隣クリニックの分布図を作って俯瞰する

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


今後の営業の戦略や、開業のご挨拶にむけて勉強中です。

来院する患者さんの地域の分布や、近隣の整形外科がどのように分布しているか、グーグルマップにプロットしたいと思いました。

どうするのかな、と調べてみたので、備忘録にまとめておきます。

看護師さん、とぜんクリニックに何人必要なのかな?

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


開業実現にむけての準備のひとつ、看護師さん、何人必要なの?問題があります。

有床診療所の入院基本料と人員配置基準に沿って単純に計算してみます。

正しい計算かどうかわからないので、完全にとぜん調べ、独断と偏見、といったところです。

あくまでわたしの備忘録です、間違いがあったら訂正or消します。

医師会の入会方法や入会費は事前にはわからない

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


開業するとしたら、医師会との連携は避けては通れません。

今日はは医師会について調べています。

・・・まず入会の手続きがよくわかりません。

郡市区医師会→都道府県医師会→日本医師会
と手続きが進んでいくようなのですが、、、
スクリーンショット 2021-12-17 16.54.21


つまりは、まず地元の郡市区等の医師会を通じて医師会の入会手続きを行うことになります。

「お近くの医師会を探す」で地元の医師会の入会の仕方を検索してみてください。

これが、いまいちよくわからないんですよね。

入会のためのピンポイントでのアクセスがありません。

ネットでいろいろ調べた結果、
①それぞれの郡市区医師会の担当者に自らメールして、入会の意思を伝え、紙面での申請書類を送ってもらう
②もしくは、直接、郡市区の医師会へ赴き、申請書類を自ら受け取る
そして、書類申請に必要事項を記入して、郵送するということのようです。

AIを用いたWeb問診、導入に前向き

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


初診が多いとどうしても業務が滞ってしまいます。

初診患者さんのカルテ作成にかなり時間がかかってしまうからです。

AI問診を導入されている施設の先生から、とても便利で役にたっていると伺い、自分でも調べてみました。

リハビリの施設基準

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


知らなかったことですが、リハビリテーションを算定するにあたっても、基準がありました。

具体的には、リハ室の面積、リハ室の施設基準、リハ人員配置基準があります。

開業の勉強をすればするほど、無知なる自分に気付きます。

医療って、たくさんの人の助けあって成り立つ職種なんですね、ほんとに。

備忘録にまとめておきます。

社労士さんに会いに行こう!

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


開業勉強中です。

開業にあたって、スタッフの確保はとても難しい問題です。

実は、勤務中「開業の意思がある」ことがなんだか匂いで出てきているようです。

「え!?ほんとですか??連いていきたいです!!」とゆってくれるスタッフがおり、お世辞といえど、とても嬉しく思います。

もし本当に実現して、スタッフ連れて独立するとなると、実際いろいろ心配事もあります。

それは給与や労務の面です。

承継による新規?開業

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


開業したくていろいろ勉強しております。

実はわたしの居住する地域は、病床過剰地域なんです。

よって新規に有床で開業することはできません。

そのために提案されている方法を共有いたします。



設計士さんはどう決める?

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


開業に向けていろいろ勉強しております。

これから脊椎関連の記事から開業関連に変わっていきそう、、、

それはそれで医師のキャリアのひとつとしてお読み捨ていただければ幸いです。

今回は設計士さん選びの悩みについて、記事にしたいと思います。

全然知らない滅菌器

カテゴリ:
2021tozen.001

はじめに


滅菌器って値段とか種類って知っていますか?

内視鏡など、複雑で精密な医療機器の進化によって滅菌器にも進化が求められています。

具体的には、低温かつ短時間で滅菌可能な滅菌器が不可欠になっています。

滅菌器、全然知らなかった、、、。

自分でみたことないし、足を運んだこともない、、、

スタッフの皆さんががんばってくれてたことを今更ながら知り、頭が下がります、、、、

ありがとうございます。

このページのトップヘ

見出し画像
×